神はどーだっていいとこに宿る


by god-zi-lla

合宿

d0027243_19173577.jpg
こんなクルマに乗っけてもらって、こんなとこ行ってきたもんね。

さいきん混ぜてもらった読書会のきのう今日は「合宿」。読書会の合宿ってのもしかしあれですけどね。合宿は合宿でさね。酒が入るほどに自炊の鍋かき回すほどに談論風発深更に及び午前三時就寝。日本酒4合瓶5人で4本缶麦酒8本。あまりに風発しすぎて談論の中身ぜんぜん覚えてないのが若干苦しいとこではあるけどね。いやまったく有意義な時を過ごさせていただいたものでございます。温泉にもつかってきたし最高。

この煉瓦積みの鉄道橋は明治なかばに所謂お雇い外国人の英国人技師によって設計されたんだそうですが、写真撮ったあと橋の上を歩ってみました。

ここいらへんは紅葉までまだ少しマがあるようですけど、このあと登った軽井沢はもう紅葉のしょっぱなって感じにほんの少し葉っぱが色づいていて、その軽井沢では軽井沢高原文庫つうまったくもってこの読書会の合宿にこれ以上ふさわしい物見遊山はないでしょってとこを覗いて折柄開催中の辻邦生展を見学したのち、その目の前にあるというか付帯施設でもある有島武郎の別荘利用した喫茶店でコーヒー喫す。

しかしこの作家はこの別荘で心中してんだったよなと一同思わず天井見上げるも、なにか見えたらそりゃあちょっと恐いでしょ。

つうようなわけで日常にもどった今日でございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by god-zi-lla | 2009-10-05 19:43 | 物見遊山十把一絡げ | Comments(0)