いまの日本、アベがボトルネック


by god-zi-lla

マクロコンバーター

マクロコンバーター_d0027243_10442692.jpg
マクロコンバーター_d0027243_1045614.jpg
マクロコンバーター_d0027243_10452423.jpg
マクロコンバーター_d0027243_10455293.jpg
マクロコンバーター_d0027243_11302351.jpg
マクロコンバーター_d0027243_10461045.jpg
マクロコンバーター_d0027243_10463050.jpg
新しいカメラ、オリンパスOM-DのE-M10を買ってもう半年がたつんだけどこれが14-42ミリという標準ズーム付きで、そもそもレンズ交換できる一眼レフのカメラというのをキヤノンAE-1以来じつに36年ぶりに買い求めたものですからね。自分はどんなレンズを持ってればいろいろ楽しめるのかわからない。だからとりあえず平べったくて小さなパンケーキって愛称の標準ズームレンズをしばらく使ってくうちに考えようと思ったわけです。

というのもですね。その36年まえのことですけど、50ミリの標準レンズのついたAE-1(もちろん銀塩)を買ってそのあとすぐに望遠系のズームレンズを買ったんだよ。ほら、望遠レンズって長くてゴツいじゃん。メカ好き男子としてはなんか持って歩いてるとカッコイイような気がしてね。それに遠くのものを引き寄せて撮れるっていうのが単純にうれしいような気もしたもんだからついつい、あまり深く考えずに1年ローンまで組んで買ったんだよ。

じつは友だちが同じキヤノンのA-1を持っててさ。そいつが広角系のズームレンズを持ってたから自分は望遠ズームを買ったというのもあったんだけどね。ふたりとも若くて貧乏だからそうそうレンズ買えるわけじゃないし、ふたりで貸し借りすればいいじゃんって。そしたらさ、なぜだかおれは自分の望遠ズーム使うより友だちの広角ズーム借りて撮ってることのほうが増えちゃってね。オマエ、おれのレンズ持って行きっぱなしにすんなよなー、なんて友だちに文句言われるようになったしりてさ。

で、そのとき、あー交換レンズってのはもうちょっと自分の使い道考えてから買わなきゃいかんのだなあなんて、とっても当たり前のことをローンまで組んで知ったんでした。

それでオリンパスOM-D E-M10を半年使ううちに、それまで使ってたキヤノンPowerShot Pro-S1にはマクロモードとスーパーマクロモードという機能が付いていて、それでもってずいぶん植物の写真とかカートリッジのクローズアップとかけっこういろいろ撮って面白がってたのが、このパンケーキレンズにはマクロ機能ってのがなくてそういう写真撮ろうと思うとウマくいかないということに気がついたんだよ。あーこれが先決問題だよなあって。

そうなればマクロモード付きのレンズを買えばいいわけなんだけど、まあトシ取って慎重になったというのか、いやいやとりあえずマクロ機能がおれには必要だってことがわかっただけなんだから、ここはいっちょうマクロコンバーターを買ってみるってのはどんなもんかしら。本格的に交換レンズを選ぶについてはもう少しコイツとお付き合いしてからでもいいんじゃあるまいか。

なんてったってコンバーター買うほうがレンズ買うよりずっと安いしね。手軽なマクロ撮影は必要なんだからまずこれを買う。あとはまたしばらく考えてみるということにしてね。ちなみにマクロコンバーターはAmazonで買ったら6454円だった。これなら考えるより先に買えるというもんである。

で買うといろいろ試してみたくなるから手近にあるものをいろいろ試し撮りしたのが上の写真です。まあそんなもの見たくもないでしょうが、いちばん上は腕時計だけど見りゃわかるね。その次とその次はベランダに放置した植木鉢に勝手に飛んできて咲いてる花で、どっちも花の大きさは1センチ未満です。なんていう植物なんでしょうかね。このくらい拡大すると植物図鑑と照らし合わせて調べられるかもしれない。

その下は木製のカラクリ玩具のキットを組み立てたやつの一部分。その次は20年以上むかし作った1/48スケールの米国モノグラム社製P51Dマスタングのプラモデルの胴体。貼ってある国籍とコールサインのデカールはマイクロスケール製(そんなこたどーでもいいけど)。でその次はそんなヒコーキの模型好きな父ちゃんに娘が誕生日にくれた鬼太郎と目玉のおとっつぁんです。

最後の最後はDECCAのMk-Vの針先。スタイラスチップがまるで水晶のちいさな結晶のようだ。こうして拡大すると素人目にはキレイに見えるけど、プロがチェックしたらどうなんでしょうかしらね。ちなみにこいつはすごくいい音がするんだが、針先と盤面の間があまりに狭く、LPレコード外周のグルーヴガードを思いっきり擦ってしまうもんだから涙を飲んで外してあるんです。

つうようなわけで下の写真がマクロコンバーターの本体。こいつをレンズ前面にねじ込んで使うわけですが、たしかに付けたり外したりは多少メンド臭くもあるんだけど、まあシロートが上のような写真撮ってるぶんにはなんの文句もない。これからまた使ってくうちに、やっぱりマクロ機能内蔵のレンズのほうがいいなあとなったらそのときはそのときだね。

それしにても最新の手ブレ補正機能というのはすごいモンだよなあ。いちばん上の腕時計の歯車なんか見てると、これを自分で(しかも手持ちで)撮ったなんて信じられないもん。
マクロコンバーター_d0027243_10484395.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by god-zi-lla | 2015-04-16 12:04 | 日日是好日? | Comments(0)