いまの日本、アベがボトルネック


by god-zi-lla

気がついてない故障まで直してもらい(Technics SL-10修理完了記念写真)

気がついてない故障まで直してもらい(Technics SL-10修理完了記念写真)_d0027243_11463342.jpg



最後にここへ登場したのが2016年の11月だからもう3年近いんだな。テクニクスのSL-10といいます。レコードプレーヤーです。フルオートの。リニアトラッキングの。40年前の。

もう1年近くも前に故障しちゃってさ。その前にリニアトラッキングアームの駆動部のゴムベルトが切れて動かなくなったことがあって、これは自力で直した。こういう「切れたり・割れたり・折れたり」っつう故障は意外と直せるもんなんだが、その後しばらくして電源スイッチをオンしてもパイロットランプが点灯するだけで作動しなくなった。あーエレクトロニクスはだめなのよ。おれには、ちょっとムリ。

それで修理してくれるところを探してたんだが、おー、ここに頼もうってピンとくるとこがなくってさ。そうこうしてるうちに、まあメインで使ってるわけでもないし他にしなきゃなんないことはいろいろあるし、なんてって放っておいたらずいぶんと時間がたってしまったんである。

で先日何気なく検索してみたのさ。そしたらピンとくるところが引っかかってきた。サイトに修理例が詳細な写真を付けていくつも並んでる。けっこう以前からSL-10やその一族の修理を手がけてるみたいなんだが、初めてヒットしたんだよな。んー。ようするにおれの検索の仕方が良くなかったってことなんだろうな。

さっそく電話を入れてみた。どういうふうに動かないのか状況を説明すると、じゃあ、ここんとこのボタンを押したらモーターは回りますかと尋ねられた。

なにしろ、こちとら8年前にネットオークションで本体と電源ケーブルのみで付属品なしトリセツなしのを落札したもんだから、ちゃんと分かってないのね。あ、ありますあります、ボタン。これ押すんですか。あ! モーター回りました回りました。あー、これ押すとモーター回るんですか〜。そうなんだ〜。

なんてね。
電話だからわかんなかったけど、きっと呆れてたでしょうね先方さんは。

そうですか、回りましたか。なるほど、そうすると故障箇所はこの辺かこの辺ですね。というようなことで、こういう場合は直せますが、基板上のこういうパーツの不良だと代替品がないので直せない可能性もありますなんて説明を受けて、修理を依頼することにしたんでした。

台風が来そうだったので速攻で近所のホームセンターで段ボール箱とプチプチひと巻きを買ってきて荷造り、とにかく台風の前に届くようにしようと宅急便センターに駆け込んで出す。

で、先方は都内なので翌日には到着。こんだはメールがあって不良箇所が列挙してある。電解コンデンサーの液漏れとか、プッシュスイッチのバーが経年劣化で折れかかってるなんてのは、まあ40年前のブツだからそうだよなーと思ってたが、7インチ盤を自動認識しませんという指摘があってさ。

えー? そうだっけー? ドーナツ盤認識しなかったっけな。

よくよく思い出してみたんだが、そういえばもしかしてSL-10で7インチ45rpm盤を聴いたことってないかもしれない。ドーナツ盤のアダプターがどうなってんのかをチェックしたことはあったけど、そのときかけてみなかった気がする。んー。

使ってた本人が気づいてなかった故障を指摘されてしまった。ありがたい、しかし恥ずかしい。

そして台風が襲来して猛威を振るい、恐ろしい夜が明けた翌朝メールが届いて修理完了しましたという。あの暴風雨のなかで修理作業してたんでしょうか。そりゃもちろん屋外でやりゃあしませんでしょうけど風速40メートルで叩きつけるような豪雨だもん、ビビっちゃうよ。

ところでこの会社の住所を見れば多摩川のすぐ近くじゃないですか。しかもあの「岸辺のアルバム」のモデルになった多摩川の大水害発生現場にほど近いような住所でさ。思わず返信に「台風、大丈夫でしたか」と書き添えたところ、ウチはちょっと高いところにあるので大丈夫ですと。よかったよかった。

で、多摩川両岸にもいまだ台風の酷い爪痕が残ったままの今朝ほどSL-10は帰ってきたのである。

そして早速物置部屋のAGI511の上という定位置に戻して動作確認してるところが上の写真なんでした。かけてるのは、よく見えないでしょうが7インチシングル盤。ジョーン・バエズ〈朝日の当たる家〉。おー、ちゃんと自動的に45rpmに切り替わって当たり前のようにかかるじゃんか。いやー故障してたのがウソのようです、つか、もともと気づいてなかったから、こういうふうに動くのかと感動してしまったんであった。

いいねえ。これはホントにいいレコードプレーヤーだねえ。1979年発売当初は10万円だったそうだけど、いま同じものを作ったら30万円、いや50万円で売っても商売にならないんじゃないかしらん。



気がついてない故障まで直してもらい(Technics SL-10修理完了記念写真)_d0027243_12381787.jpg


これは修理に出す際に取り外してあった標準装備のカートリッジ。元に戻したらめったなことでは取り外さないでしょうから記念撮影せり。T4P規格だからこのままピンをトーンアームにぐいっと差し込み横っ腹をネジ止めする(しなくても平気そうだけど)。これは機種名310MCつうMCカートリッジで、既存の〈305MC〉という機種をSL-10のためにT4P仕様にしたものなんだってね。

でMCカートリッジが標準装備なのでSL-10にはヘッドアンプが内蔵されてる。すごいもんだ。ぢつは自分で手に入れるまでその辺のことを全然知らなかった。なにしろ79年ってば、おれまだ自分でMCカートリッジ買ったことなかったもん。

つうわけで、無事直ってめちゃくちゃうれしいもんだから記念のエントリーなのでした。めでたしめでたし。




気がついてない故障まで直してもらい(Technics SL-10修理完了記念写真)_d0027243_12525221.jpg





名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by god-zi-lla | 2019-10-16 13:13 | オーディオもねぇ… | Comments(0)