神はどーだっていいとこに宿る


by god-zi-lla

年金生活者にも手の届く「レコードの静電気とりのぞ器」、なんつて。

年金生活者にも手の届く「レコードの静電気とりのぞ器」、なんつて。_d0027243_10270349.jpg



つうわけで、こういうのはどーだ。

〈NON-STAT〉つう製品名がそのものズバリの、フィデリックスから出てるレコードの静電気をプラスイオンを発生さして中和するキカイなのであった(詳しい技術情報はここ見てたもれ)。

それというのもですね。もうずいぶんと長いこと使い続けてきたレコード静電気除去箱〈SK-EX〉がさすがにボロっちくなって、ハコそのものは壊れかかってるし中に貼ってある静電気除去シートもよーく見ると結構キチャナイ。静電気を取り除く代わりに汚れをくっつけられそうなくらいなもんじゃないですか。

そういやこれ買ったのって結構昔だったかなと古いブログをひっくり返してみると、ありゃま2008年の5月だからそろそろ11年になるんでやんの。そりゃあキチャナクもなるはずじゃん。

でまあ、根がシミッタレのおれもさすがにこれは買い換え時期ってモンだろうと調べてみたところ、どうやら今あるのは〈SK-EX III〉つうのが最新ヴァージョンならしい。お値段は28,000円ナリ。

んー、そんなにしたんだっけか。そうだよな10年前でもそんくらいした気がする。それにしたって結構たっけーじゃん。このおれがそんなお値段のブツを(しかもホントに効くんだかどうだか怪しげなハコを)よく買ったもんだ。

そういやその年の3月末で会社ヤメてきたんだった。

そーか、きっと退職金が出たから買ったんだな。

それにしちゃ28,000円はケチくせえ。結局おれらしかったってことか。ちぇっ。

まあそれはともかくとしてだな。退職金どころかそれから10年たって今は年金生活者のおれに28,000円の買い物はちょっと決心が必要である。なにしろアレだ。それ自体が音出すモンでもなく見たり聴いたりして楽しいモンでもないしさ。

それで、どうしようかなあなんて思ってたら去年の暮れあたり、フィデリックスのプラスイオン発射装置を雑誌で見つけたんでした。しかもお値段16,500円とある。なんとまああのハコより1万円以上安いじゃん。

フィデリックスといえば先般、上下に可動式のピンが出てるヘッドシェル〈MITCHAKU〉通称「みっちゃくん」(おれが呼んでるだけですけど)が理詰めな仕組みの音の良いヘッドシェルで立て続けに二つ買ってしまったくらいだから、ここの製品ならイケるんでないか。サイトの解説を読んでみれば、なるほどという感じだしさ。

写真のごとく、ケースの短辺のところに丸い穴が開いてる。上面のスイッチを押すと電源が入り、ケース長辺下のほうには銅箔テープが見えてますけど、それはケース下面を横断するように貼られていて、スイッチを押したらそこに指を触れたまま丸い穴をターンテーブル上のレコードに向ける。すると、その穴からプラスイオンが発射されるんである。プラスイオンはもちろん見えませんけど、ほのかに臭いがする(いわゆるオゾン臭ですかね)。電源は006P9Vの積層乾電池。

それをレコード片面ごとにやる。

このテのレコードの静電気除去のためのプラスイオン発射機ってずいぶん昔からいろいろ出てたけど、おれは初めて試してみたんだよ。まあそういうモンもあるんだなあと知ってはいましたけど、まわりに使ってる人もいなかったしね。それにやっぱりお値段は高かったし、そんなカネがあるんだったらレコード買ったほうがいいじゃんて気分は今よりずっと大きかったしね。

で、手に入れたのが静電気バリバリの冬の日々でもあったわけだ。まあSK-EXくらいの効果がありゃあ御の字だよなと思いつつ、スイッチ入れて盤面に穴を向け待つことおよそ5秒。それから針を下ろす。


なのであった。正直言ってここまでノイズが減ると思ってなかった。スクラッチノイズだと思ってたもののかなりの部分は静電気が引き起こすノイズだったってことか? いや、SK-EXだって入れるのと入れないのとじゃノイズの量がハッキリ違うんだが、そんなもんじゃなかった。

あたー。つまりアレか。こういう製品はおれが知ってるかぎりでも半世紀くらい前にすでにあったハズだよな。つことは、その頃からこういう効果について知ってる人がけっこういたってことなんでしょうか。いや、きっとそうなんだろうな。

フィデリックスの解説でもそういう製品が大昔からあったことに触れていて、たまたまこういう製品に活用可能なトランスが400個手元に残ってたので企画開発したと書いてある。しかもそういう先行製品をブッチ切るような絶大な効果があるなんてことはこれっぽっちも書いてない。なんとまあ奥ゆかしいことかとも思うけど、つまるところ昔からそれだけの効果があるということが知られてたから製品化しましたってことなんだろうな。

さて今日はもう春のような陽気の東京だ。ターンテーブルの上でA面B面ひっくり返すだけでバチバチきてウンザリする1月2月に使い、こいつはなかなかの優れモンだと大喜びしてましたけど、徐々に気温湿度の上がってくるこれからの季節はどう聞こえるんだろう。そのへんのところは1年通して使ってみなきゃわかんないけども、それなりに効果を通年で発揮する気がしてる。

ぼちぼち壊れかかって小汚いあのハコは処分してもいいかもな。





タグ:
Commented by windypapa at 2020-03-12 09:33
なんてこった。テレワーク中につい先輩のブログを「立ち読み」したばっかりに散財してしまった。400台限定の口上につられて。(笑)あ~あ。これも一種のインフルだな。
Commented by god-zi-lla at 2020-03-12 14:48
windypapaさん こんにちは。

わはは、「限定」につられちゃったんだ。いまどきのオーディオ業界で400個がすぐ売れちゃうことなんてないと思いますけどね。

でもインチキな「コロナ対策サプリ」なんかと違ってこれはちゃんと効きます。

片面5秒くらいの手間は、どうってことありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by god-zi-lla | 2020-03-11 13:33 | 常用レコード絵日記 | Comments(2)