神はどーだっていいとこに宿る


by god-zi-lla

正月の箸置き

正月の箸置き_d0027243_19502378.jpg
新しいカメラにトイカメラモードってのがあって、ためしに撮ってみた。
これも四すみの明るさを落とすだけじゃなくって、カメラがいろいろ小細工を弄してるふうにみえるな。

おとついの日はことし初めての歌舞伎座に猿之助見に行ってきた。なにしろおれは新しい歌舞伎座に出ない記録を作ってやるってずいぶん長い間突っ張ってたんだから、ようやっと出てきたこのヘソマガリを見ない手はないでしょ。まあ新しい歌舞伎座に出ないにはいろいろあったようですけど(いわく猿之助襲名に際して大御所級のどなたかとトヤカクあって出してもらえなかったのを逆手にとって『じゃあ出てやんねえよ』とタンカ切ってみせたとかさ)、まあその手のハナシもそれはそれで見物的にはとっても面白くて、あることないこと尾ひれがつけばつくほど楽しくていいんですけどね。なにはともあれチカラのある若い役者がカブキの殿堂に戻ってきたんだからメデタシメデタシ。

で猿之助の「黒塚」を見てみれば、おれのようなシロート目にだってこういうオトコが歌舞伎座に出てこないというのがどれほどな異常事態かってことが一目瞭然なのであった。

どこのおうちでもそうでしょうけど、お正月しか出てこない食器というのがいくつかあるんだ。ウチのばやいこの箸置きもそういうヤツのなかのひとつで、べつに正月用にと思って買ったわけでも誰かが決めたわけでもなんでもないのにいつのまにかそういうことになっている。

しかもいかにもお正月っぽくメデタイわけでもなくてさ。それどころかこれはなんの動物なのかバケモノなのか、たしかに色と模様はなかなかに艶やかなんだけどね。カタチ的にはとっちかというとブキミなほうかもしれない。なにしろ左のやや大きいやつなんか前後双頭だもんな。ひとによったら食卓でこんなもの見たくないと思うかもしれない、こいつら5匹がよりによって正月のみ登場するわが家のとってもメデタイ箸置きなのであった。

そんなわけで正月しか出てこないから写真撮ってみたのもこれが初めてです。いつもは台所の戸棚の奥深く小さな紙箱にしまわれて5匹は暗闇で肩寄せ合ってひっそりと暮らしてるわけだ、多分。

もう10年くらい前かもっと前だったか奥さんと金沢を旅したとき、たまたま繁華街にあるごく真っ当な(つまり『趣味の店』とかそういうのじゃない)陶磁器店にぶらっと入るとコイツらだけがおれたちを呼んでいたんでした。いくらでも並んでる九谷焼のお皿とかお茶碗とかはちいとも呼んでくれないんだが、なぜかコイツらがおれたちにまるで吠えかかるようにしてたんだな。

店のひとによるとこれを作った作家は家族みんな陶芸家で、本人も東京だかから学校出て帰ってきて焼き物をするようになった新進の作家だから面白いでしょって。まあ、たしかに面白い。つか、なんかわりかし伝統的な陶磁器がたくさん並んでるその店のなかで、この5匹だけが異様というか異質というかフザケてるというか、色使いとかはたしかにほかに並んでる九谷焼に通ずるとこもありはしたんだけど、かなり場違いな感じではあったんであった。

で、ほかのお皿とかが値段の張るせいかおれたちをさっぱり呼んでくれないのもあって迷わずこの5匹を旅のミヤゲに包んでもらったわけです。そのとき作家の名前もたしかにお店の人には聞いたはずだったんだけど、説明書きのひとつあるでもなく箱はたんなるあり合わせのボール箱だしさ。じつはこの写真撮るまでまったく作家の名前がわからないままでね。

だけどそれもなんだかアレだよなと思って、こういうときにインターネットは便利だ。金沢箸置きとか九谷焼箸置きとか陶芸女性金沢とかなんかテキトーなキーワードで画像検索してたら、あーこれじゃんかというのがすぐに見つかった。いまもこのワケワカラン動物の箸置きをこの作家の人は作っとられるらしいのだな。いやいやそれにしても便利になったもんです。これが昔だったら、この箸置き持ってもっぺん金沢行ってセトモノ屋さん一軒一軒尋ね回らにゃならんとこだったぜ(そこまでせんて)。

米田文(よねだ ぶん)さんという作家の作品なんだそうです。いやーなんかすっきりしたぞ。どうやらときどき東京でも個展を開いたりしてるらしい。写真で見ると、この箸置きと同じような感じの、こう、理解可能なような理解不能なようなブキミでもありカワイくもあるような磁器の作品のいろいろというのが面白そうなので、機会があったら見に行ってみよう。

だけど写真撮るのに並べてみて気づいたんだけど、コイツらどれをどういうふうに並べてみてもこうやってカタマリにして置いてみると5匹が5匹いっせいに、わんわんわんわんわんわんと少し上向いて一斉に吠えてるようにしか見えない(犬じゃないと思うけど)。

箸置きってのはほんらい1個1個べつべつに置いとくのが当たり前のものだけど、なぜかこいつらは5匹まとめて並べてやるほうがずっと魅力的だったりするところが不思議なんであった。
タグ:
by god-zi-lla | 2015-01-14 09:33 | 日日是好日? | Comments(0)
ことし最後の獲物はちっこい升なのだった_d0027243_8254786.jpg
まいにち寒いけれど、考えてみたらこれほど物思う年の暮れというのは初めてかもしれないな。

ま、それはごくごく私的なことだからこのブログとはなんの関係もないです。

せんだって京都へ行くまえの日曜日は平和島で骨董市を冷やかしてきた。
しかしそういえば京都でも奥さんと二人して骨董屋を冷やかしてきたなあ。

骨董屋とくに京都でいうと祇園界隈のいかにも敷居の高い立派な骨董屋つうのは日曜祝祭日ってあんまり店開けてないから、いきおい京都なら寺町通りあたりに点在するフリの客相手の骨董とガラクタがまぜこぜになったような店を冷やかすしかないんだけども、そもそもふだん買うものといえばガラクタと骨董のあいだの、まあどっちかっていうとガラクタに入るようなものばかりだから立派な骨董屋さんなんてハナっから用がないってばないんだけどさ。

で、京都の骨董屋さんは冷やかしただけで何も買わずじまいだった。

そういえば京都で買ったものといえばなぜか大食堂(好きなんだよ!)でお昼食べるために入った大丸をうろうろしてるうちに帽子を買ってしまったのと錦市場でセリを2把買ったっきりなのでした。

話があっちこっち飛んですいませんけど、デパートの大食堂が大好きなんです。
上野の松坂屋とか日本橋の三越とか、そのためにわざわざ行ったりするもんね。

ボクはお寿司を食べたい。
キミはスパゲッティーですか。

っていうときデパートの大食堂以外では問題を解決できません。
しかも、そこそこ悪くないレベルで問題解決してくれます。
お子様ランチはもれなくあるし。

だから京都の大丸に大食堂を発見したのはうれしかった。
高島屋や阪急百貨店にもあるんでしょうか。

いやまあそれはいいんだ。

でその今年最後の平和島で買ったのが写真のちっこい升だったのだった。
写真だと大きさがわかりにくいのでおせちに買った丹波篠山の黒豆を入れてみました。

しかしこの小さい升はなんなんだろうと思って店番と思しきおばちゃん(たぶんおれより若いが)に聞いてみたらきっぱり
「マスです」
んー、聞いたおれが悪かった。やっぱおばちゃんはたんなる店番だった。

まあ骨董屋さんて店番じゃなくても結構テキトーなこと言うからね。
とくによくわかんないようなモンを中心に商ってるような店はテキトーだ。

だいぶんまえに英国のスクールチェアという触れ込みの木製の椅子を別の骨董市で買ったんだけど、そのときも店のおじさん(たぶんおれより若い)に、これはいつごろの時代のものなんだって聞いたらちょっと考えて、んー1930年代かなあって言うんだよ。

おれの見た感じだと古くてもせいぜい50年代、あるいはモトの設計はそのころでもイギリスのことだからそれを60年代から70年代まで製造し続けてたりして、そのうえそいつを直し直ししながらつい最近までガッコで使ってたんじゃああるまいか。

だからまたテキトーなこと言ってこのオッサンと思ったけど椅子そのものを気に入ったので買ってウチに持って帰ってからネットで調べてみたら案の定60年代以降のイギリスの学校で使われた椅子だったのでした。

でまあ、升は見りゃわかるんだ。
だけどこんなにちっこい升が、しかもこんな焼き物の升が計量用の実用品なわけがない。
そのうえカドのところに穴が開いていて(内側に貫通はしていない)そこに凧糸が通してあって、さらにこの「福」の字の反対側の面には「まめまさ」なんて文字も書かれてる。

だから聞いてみたんだけどね。店のおばちゃんに由来を。

「まめまさ」ってんだから豆政か豆正かわかりませんけど豆屋さんあるいは豆菓子屋さん。
升はまあ、ご商売を象徴する道具だって考えていいんだと思うんだよね。

「福」の字だからもしかすると節分の豆まきに関係があるのかな。
この升に写真のようにちょっとだけ大豆を乗せて、お客さんに配ったとかさ。
そういういわばノベルティーグッズだったのは間違いないんじゃないかね。

それから全体にキレイであんまり汚れてないからそんなに古くもなさそうだし、ことによったらつい最近作られたものなのかもしれないけどべつにそれはぜんぜんかまわない。
とにかく、なんだか面白いよなあ。

こういうことを考えだすと、もう買わずにはいられないんです。
いろんなことを想像させてくれるモノを見つけるのが楽しいんだよな。
タグ:
by god-zi-lla | 2012-12-28 08:26 | 日日是好日? | Comments(4)

小さなカップ&ソーサー

小さなカップ&ソーサー_d0027243_12522436.jpg
きのう奥さんが骨董市で見つけてきた、うんと小さなかわいいティーカップとソーサー。

カップの直径、約7センチ。絵柄からして子ども用だね。
そしてその絵がなんとなく、いや断然ニッポンニッポンしてるじゃありませんか。
この女の子ぜったい日本人以外ではありえないよ。

しかも日本の絵描きさんが描いた日本の女の子。

そっと手にとってひっくり返してみるとなるほどノリタケ製なんだ。
ようするにオールドノリタケってやつなんでしょうか。

奥さんすかさず値切ってゲットす。
おれはこれができないんだよ。
なさけないねえ(笑)

ほくほくとしながらウチに持ち帰ってネットで調べてみると、1920年代から40年代初頭にかけて製造された欧米への輸出品だってことが、底に押された印からすぐにわかった。
汚れも欠けもなくてきれいだから戦後のものだろうと想像してたら思いのほか古いんでした。

使っていた子が少し大きくなっておとな用のカップを使うようになったある日、きっと幼い日の想い出の品のひとつとして箱に入れられ大切にしまわれたんだよ。だから使われた期間が短くてきれいなまま再び日本に戻ってくることができた。

その子はたぶんアメリカの女の子だったんだ。

20年代から40年代にかけての品だとすると、
日本や欧州だったら戦災や戦後の混乱で失われてたかもしれない。

そういう時代をくぐり抜けてきたカップなのかなと、ちょっと考える。
小さくてかわいい子ども用だから、なおさら。
小さなカップ&ソーサー_d0027243_12534025.jpg

タグ:
by god-zi-lla | 2011-10-10 12:52 | 日日是好日? | Comments(2)

べつにかまわない。

べつにかまわない。_d0027243_13381259.jpg
ひさしぶりの日射しのような気がする。
きょうが夏至ですか。

日の出から日の入りまでがいちばん長いのが今日で、日没から日の出までがいちばん長いのは今夜から明日の朝にかけてってことかな。そのへんよくわかんないけど(調べりゃいいんだけどさ)まあ夏至らしくお日さまが照ってるのをたしかめやすい空にトーキョーはなってきた。

空が明るいと、少しうれしい。

このまえの日曜日有楽町、国際フォーラム広場の骨董市でせしめてきた小さいの二つ。

酒飲むのにいいかもなと思って手に取ったら左のは小鳥の水入れだってさ。
鳥籠のなかに置いとくアレね。年配のおじさんの店でみつけた。

右のはべつの店にあって、いっけん皿のようなんだけど裏側に釉薬が施されてないから皿じゃなくてなんか別の用途もモンじゃないかな。ぜんたい素焼きだったら高台もないしまるで屋島のカワラケ投げかと思っちゃうような感じのモノだけど店のおっさんにもわかんないらしい。

ふたつともちっちゃくて小鳥の水入れのほうで直径5センチ5ミリしかない。

水入れのほうは見込みにヒビが入ってるのを、店のおじさんは富士山みたいでちょっといいでしょと言ってて、あーなるほどこういうものはそんなふうにキズやヒビを見立てて楽しむのかあ、なんて感心したりしてね。

皿のほうは店のおっさん(ってもたぶんおれより若い)、こーゆーので酒飲むのがツウってもんで、それがわかるお客さんはツウのうえのスリーだって、それってホメてんのかいバカにしてんのかい。品物の素性もわかんないくせによくいうよ。でもまあ素性はなんだっていいんだ。おれとしたらこの釉薬とれちゃったキズとか石ハゼみたいのが面白くて買い求めたんだからさ。

で持って帰って洗って酒ついで飲んでみた。

小鳥の水入れのほうは、こいつでむかし水飲んでた十姉妹のツガイかなんかもいたんだろうなあ、もしかすると文鳥かもしんないけど明治時代にインコはいないよなあなんて言いながら酒飲んでみると、これがもうなんつうかスズメのお宿で舌切り雀にお酌してもらっていい気分になってる爺さまってのはこうでもあったろうかって。

この耳のようにちょっと出っぱってるとこは、ここに紐通して籠に結わいて固定するとこなんだってね。

いっぽう右のカワラケで飲んでみると御家人の家の子郎党が真夜中の台所で盗み酒して喉を鳴らしてるような気分がするんだけど、じゃあ具体的にどういう気分かってきかれてもね。

とりあえず暗がりで手に触ったありあわせの皿に酒ついで、急いで飲んでるみたいな。
そういうなんかビンボったらしくもいじましいんだけど無上のシアワセ感が漂ってなかなかでございましょ。

いやべつにそんな古いモンじゃなくて、さいきんのものだとは思うんだけどね。
モトはどんな用途だったか知れませんし、なんだっていいんですけどできれば、
できればのハナシ、あんましキタナくない用途に供されたモンあってほしい。

べつにかまわないんですけど。
べつにかまわない。_d0027243_1418793.jpg

タグ:
by god-zi-lla | 2011-06-21 13:38 | 日日是好日? | Comments(0)

キッチュな茶托

キッチュな茶托_d0027243_13125725.jpg
6月6日だけど雨ざあざあ降ってきませんな。

そういえばきのうのエントリはジャケットのことだけで中身のこと言いませんでしたけど、金地にジャンゴの切り抜き顔のほうは戦後46年ころから51年くらいまでの録音を集めたLPで、もう1枚のほうは30年代後半の聴き馴染みのある時代の録音集になってます。

まあ、どれをどう聴いたってジャンゴはジャンゴって感じだけどさ。でもやっぱりこの第2次世界大戦後パリを解放したアメリカの兵隊とともにビ・バップも戦車に乗ってやってきたんだろうって思わせられるところが、どことなくジャンゴのソロにはあるという感じがしますね。新しい表現方法に出会って、この天才は戸惑いながらも自分の演奏に取り込んで試しつつあるというんでしょうか。

まあそういうふうに聴こうと思って、ホントはそうでないものをおれが聴いてしまってないとはいえないんだけどさ。でも、なんかそうきこえるんです。

なのに相方のステファン・グラッペリのヴァイオリンにはあんまり、つか全然そんな感じがしないんだよな。もちろんギターとヴァイオリンつう楽器の違いもあるんでしょうけどね。でも、それよりもステファン・グラッペリのほうが音楽的に保守的なんじゃないかって、ふと思ったりしたんだけどさ。どんなもんでしょうね。

ジャンゴがバップ的ソロ取ってステファンにそれとなく振ってきてんのに、ステファンは知らんぷりしていつものステファン・グラッペリ節でいい調子にヴァイオリン朗々と歌い上げてジャンゴは「おまえさんもガンコやなあ」なんてちょっと苦笑、みたいな。

んーアタマん中に先にストーリー作って聴いちゃってるかもなー、おれ。

まあそれはさておいて。

漆の茶托。
茶碗はありません。茶托だけ売ってたの。

銀座の、骨董屋でもなんでもない酒売ってる店で。
作家ものの酒器とかは酒といっしょに前から並べてる店だったんだけどね。

骨董はマズいよなあ骨董はやっぱ。
古いモンはとにかく油断禁物なんだってば。

江戸のおしまいか明治の初めか、そんくらいのとこのモノらしいんだけど3枚ともビミョーに大きさが揃ってないうえにキレイにまん丸になってなくて歪んでるし、塗りも雑で表面にブツブツがあったりムラがあったりしてもうそのへんに転がしといて全然オッケー的な、こーゆーのを文字通り下手物(ゲテモノ)というんでしょうか、いかにも雑器雑器したこれが雑器じゃなかったらどれが雑器ですかみたいな雑器なんだよな。いやほんと。

それでも茶托ですからモトの持ち主はお武家さまですかね。
ペーペーの。四十俵二人扶持とか。

ぱっと見たときに欲しくなっちゃってね。なんだかわかりませんがこのバングラデシュカラーがミョーに新鮮でさ。安っぽいし。雑だし。だから当然気取ってないし。人見知りしない感じだし。人見知りする茶托ってどーゆーのか知りませんけど。

あーいかん、これで高かったらどーしましょ。

と思いつつひっくり返してみたら安い値札がついてたんで三客あったの3つとも買い求めてしまいましたもんね。

でも茶托だからなー。どう使うかなあ。
真っ当な客用茶碗なんか乗っけたって、つまんねーしなあ。
だいち茶碗がガタガタいうし。歪んでるから。

たとえば殻のまんまの落花生3粒くらい置いてみるってなどうでしょ。
酒のアテともいえないよーな。お前なにしに来たんだ的な何か。
落花生のカラの間から真っ赤なお日さまが見え隠れ。

悪くないと思うんだけど。
ダメすかね。

じゃあ、ぷっちんプリン乗せてもいいんですけど。
タグ:
by god-zi-lla | 2010-06-06 13:13 | 日日是好日? | Comments(2)
作家物だってなんだって器っつう以上実用性は大事だろ_d0027243_11453868.jpg
雨だなあ。

ゆうべも雨のなか後楽園のJCBホールでゲイリー・ムーア。

ジェフ・ベックも来日してましたけどベックに「永遠のギター小僧」なんて称号を奉るとするならば、この人のばやいはなんつうかまあ「どうしようもなく救いようのない墓場の下に入ってもまだ弾いてるようなギターおたく」って、なんかわけわかりませんけど、あのめちゃくちゃに長い延々と続く正直言ってまとまりもへったくれもないギタープレイにくらべりゃあどーってことありません。

歌はやっぱウマくなかったような気がする。
クラプトンよりヘタだと思うけどギターの爆音にかき消されて、よーわからんの。
クラプトンよかヘタってことはつまりあれですけどね。

CDやレコードはともかくライヴにおける本人ヴォーカルは、
まあ、なんちゅうかオマケですな。

見てくれだってなーんの華もなくもっさりとしてさ。
ステージ衣装着ろなんていいませんから、ふつうのシャツでもいいですからせめて照明に映えるよーな色合いのシャツ着て出てくればいいのにさ。あれじゃローディーだか本人だかわかんねーよ。

まあ何から何までそんな感じですから、もうベース、キーボード、ドラムスのおっさんたち含めてステージ上に否応もなく漂うキョーレツな場末感てのがまたすごいもんです。

でもなんか、よかったなあ。

ケレンだらけのギターをケレン味なく弾ききるゲイリー・ムーアつか。
あれだけ目一杯ギター聴かせるってなCDじゃ絶対できないでしょうからね。
ライヴ聴きに行く意味ってものが、ウンザリするほどあったライヴでした。
ぜったいほかじゃ聴けません。

とにかくもう当分爆音のギターはいいです。
おなかいっぱい満腹まんぷく堪能しました、て感じ。

しかしJCBホールってのはステージと客席が近くていいよな。幅はかなりあるけど奥行きの浅い。ちょっと歌舞伎座みたいなさ。ジャンルは違うんだけど非常に似てる印象。

さいきん蕎麦茹でて食うとき蕎麦湯入れにしてる片口なんだけどね。
いつだったか骨董市で買った、箱はないけどいちおう作家物の備前。

片口ってのをいくつか持ってんですが、おれのばやいあくまでも酒を入れる徳利の仲間のような実用の器として買い求めてくるわけだ。

飲むまえに瓶から広口の器に移して外気に触れさしてやると酒の味ってどんどん面白いくらいに、言いようによっちゃ恐ろしいくらいに変わってきてさ。だからそのために買い求める片口で、骨董市とかでちょっと良さそうなのがあるとつい買っちゃうんだけどね。

なのにこれがもう悲しくなるくらい、どいつもこいつも使えないやつばっか。

よーするに酒がうまく注げないの。

でろでろと垂れたり、どぼっといっちゃったりさ。
おめーこれ実際に使ってみたかよって作者召喚してひとこと申し上げたいよーなのばっか。

困ったもんだぜまったく。

この備前も以下同文でございまして。
よーるすにこのヒヨコのくちばしみたいな注ぎ口の形状がモンダイなんだと思うんだよな。かわいいっちゃかわいいんだけど、いくらかわいくったって使えねんじゃしょうがねーだろ。

しかしだからといって捨てちゃうとか叩き割るとかさ。おれが買えるくらいですから別にそんなに高価なもんじゃありませんけど、そーゆー乱暴なことはしたくないからね。まあなんつうか先発不合格なら中継ぎに活路を見出す投手のような感じですかね。投手失格の烙印までは押さない。

で蕎麦湯差しに転向。

まあ気をつけて注がないとこぼしちゃうとこはあるんですけど、それでも注ぐ相手がだいたい蕎麦猪口なわけで大概の酒杯よりもひとまわり以上デカい器だから、まあ少し気が楽といいますかね。こぼす恐れはだいぶんと減ってまいります。

それに、なんちゅうか食卓の風景的にはそう悪いモンでもないでしょ。
気取った蕎麦屋のような感じがしないでもないけど。

これでしかし、どっちかっつうと味気ないおひとりさまの昼メシの食卓が、少しだけでも賑やかになればね。こいつだってそうそう悪いモンでもないかもしんないよな。

ただ問題はそういう困った片口がこれ1個じゃないってことで。
そんなに蕎麦湯ばっか飲むわけにゃいかないしさ。
いったい、どーしたもんでしょうかね。
by god-zi-lla | 2010-04-28 14:48 | 日日是好日? | Comments(0)

匙買う

匙買う_d0027243_16475991.jpg茶碗を割ってしまったので茶碗を買いに行ったんだけど、こんな木のスプーンがあったので買ってしまったのだな。

ウオルナットから削りだした木肌に漆をかけてある。
漆の小箱に続いて漆の小匙だな。

横から眺めると、柄の部分が微妙な弧をえがいている。
ざくざくとした柄の表面の彫りと、
側面の数学的な曲線の取り合わせが楽しいから買っちゃったよ。

買ったのは奥様発見の碑文谷ダイエーの向かい側あたりにある小さい店。
学芸大は結婚したばかりの20年以上前に初めて二人で住んだところで…。

…ちょい待った。
ここんとこ、20年前とか30年むかしとかそんな話ばっかしてねえか、おれ。


-------------------------------

まーしかし、おやじなんてえものは昔話ばかりすると相場は決まってるからな。
それもまたよし秋の夕暮れ、とくらぁ。わはは。


(追記)
この木の匙は、さかいあつしという人の作で、たしかこの店に行ったときに作家と話した覚えあり(2015.01.15)
タグ:
by god-zi-lla | 2005-11-05 17:06 | 日日是好日? | Comments(2)