神はどーだっていいとこに宿る


by god-zi-lla
蔵前橋の染井吉野と千鳥ヶ淵公園の枝垂れ桜_d0027243_9593162.jpg
蔵前橋の染井吉野と千鳥ヶ淵公園の枝垂れ桜_d0027243_959535.jpg
十九のときから一緒に飲んだくれてる友だちが入院したというので5日の土曜日、浅草線に乗って見舞いに行った蔵前橋の西の橋詰めから葉桜越しにスカイツリーが見えている。それにしても大事に至るようなことがなくてホントよかったよかった。もうおれより先に死ぬのだけは、どいつもこいつも金輪際カンベンしてくれよな、頼むぜ。なんてぶつぶつ独りごちながら肌寒い空を見上げた桜なのだった。

それから日曜日を1日置いて、きのう月曜日の千鳥ヶ淵公園で去年とおんなじ顔ぶれ4人が、花壇の縁石を宴席に三越の地下で仕入れて皇居の回りをぐるっと散歩しながら持ってったお弁当を開いて、少し日射しの春らしくなったのを枝垂れ桜の向こうに透かして見上げたのが今年の桜見物の打ち止めかな。

朝はまだなんとなく肌寒いんだけど、お日さまが高く昇るにつれてぽかぽかとしてくるのがきのう今日の東京の春。
タグ:
by god-zi-lla | 2014-04-08 09:47 | 日日是好日? | Comments(0)

ことしの桜

ことしの桜_d0027243_6312584.jpg
まことに残念ながら本日予定されておりました皇居お堀っぱたの千鳥ヶ淵公園で昼どきお弁当食べながらお花見小宴会はこの雨で中止と先ほど主催者から発表がありました。って、4人で昼ころ落ち合ってベンチにでも座ってお花見しながらおべんと食べましょうっていうだけなんだけどね。ちょっと残念なり。

つうことで、きょう千鳥ヶ淵へ行ったらその写真も合わせて載っけようと思ってたんですけど、これはきのう午前10時すぎ目黒川を目黒通り、権之助坂の下から歩き始めて中目黒駅付近からやや大橋方面へ遡ったあたりの橋の上から見た桜なんでした。

目黒川の桜は中目黒より上流のほうが川幅が狭いところに両岸から桜の枝が川面に覆い被さるようにして咲いているのがじつにキレイなのがいいんですけど、そのかわりこのあたりはすごい雑踏になって道ばたの店という店が飲食店でもなんでもない美容院みたいなところまで含めて食い物や酒をならべた露店を出すもんだから、この桜の季節になると平日でも散策というにはほど遠い状態なんだよな。

それにくらべると中目黒より下流の、目黒通りあたりに向かっては川幅が広がり水の流れも濁ってきて、日によっては少し臭ったりもするんだけども川岸の道はほぼ全体が遊歩道として整備されていてクルマも通らず露店もないので、静かに散策するんだったら圧倒的にこっちがいいとおれは思う。

きのうの午前中もこのあたりを通りかかると、ちょうどこの近所にあるいくつもの保育園がみんなお散歩の時間になったらしくって、あちこちから色とりどりの帽子をかぶった子どもたちの行列が桜の下の遊歩道に出てくるんだ。それがなんだかとても可愛くてさ。午前中の桜見物もなかなか悪くないもんだねえってね。
タグ:
by god-zi-lla | 2014-04-03 10:48 | 物見遊山十把一絡げ | Comments(2)
きょうは千鳥ヶ淵におべんと持参_d0027243_1757280.jpg
一夜明ければすばらしい春だ。

まだまだ千鳥ヶ淵の桜はキレイだったよって雨の中お花見にいってきた奥さんがいうので、思い立ってきょうは弁当持ちで昼間花見に行ってみることにしたのでした。

それにしてもいい天気だったなあ。
ことしの桜が咲きはじめて、きょうがたぶんいちばんお花見にふさわしい、あったかくて明るくておだやかな春だったんじゃないかな。

こういう日和だから、ブルーシートのうえで場所取りしてる勤め人の若いにいちゃんねえちゃんもにこにこ笑顔でアカの他人のおれですら、よかったねえなんて声かけたくなっちゃうくらい柔和な顔つきなんだよ。だってたいがいは春とはいえちょっと肌寒くてコート羽織って仏頂面で体育座りしてたりして、宴会が始まるころには体の芯まで冷え切ってビールなんか寒くて飲めなくってさ。

なんでおれたちだけこんなメにあわなきゃいけないんだよー、なんて内心叫びながらスルメなんかもそもそ囓ってたら歯が欠けちゃったりさ。挙げ句の果てに翌日は風邪引きで寝込んじゃったりして。

まあそういうことはぜんぜんなさそうな春うららなのでした。
ホントよかったね、きょうがお花見で。

で、おれはといえば弁当持ちったって急に思い立ったもんですから、残りご飯を握ったおむすびと卵焼きに、空いたペットボトルに冷蔵庫のポットから冷やした麦茶注いだのを袋に詰めて持ってったきりです。できればこれにタコの八ちゃんに切った赤いウインナーとか鶏のカラアゲなんてのも欲しかったりしますけど、それじゃあ運動会のおべんとか。

ただ、プサンのパパさんもお花見弁当に出汁巻き卵持ってったとブログにあったもんですから、こっちも張り合って卵はちゃんと出汁巻きにしたもんね。あと、おむすびの中身は自分で炊いた塩昆布に芥子菜のぬか漬け。

まあしかし、こういうときはナニ食べたって楽しいもんよ。
きょうは千鳥ヶ淵におべんと持参_d0027243_17571962.jpg

おべんと箱に入れなかったから、おむすびがひしゃげてしまった。

ちょうどお昼どきも終わりかける時間になって、ぼちぼちベンチも空いてきたからのほほんと桜を見上げながらおむすび食ってたら遠くのほうで「おかださんじゃないの、あれ」って声がきこえる。まあおかだなんて姓はたいして珍しくもないわけですから(ゴジラもオカダも、どっちもそう珍しかぁありません。街中ですれ違ったってちっとも不思議じゃない。いや、ゴジラはやっぱ街じゃあんまし見かけんか)。

だから最初自分のことじゃないと思ってたんだ。

そしたら目の前に古くからの仲良しテラちゃんとキシが二人して立ってるのでした。
ひとりは仕事場が歌舞伎座の近所でもうひとりは千鳥ヶ淵のすぐ近くの麹町。天気がいいもんだからおべんと持ってお昼の時間にお花見しようと誘い合わせたっていうんだな。いやいや良いアイデアですよお互い。

じゃあ、せっかくだからいっしょにおべんと食べてお花見しましょって合流することにして、で、あんたらはどーゆーおべんとを持ってきたんだいって聞いたら、この人たちのおべんとは歌舞伎座前の辯松の折詰なのであった。

いやあ、芝居弁当とはまたイキだねえ。

正直うらやましくないこともなかったけどさ。
まあでも、こういうときは何食ってもうまいんですよ。

だけど、こんないい花見日和にたまたま友達と出会って桜を見上げながら並んで弁当食うなんて、なんだかちょっとシアワセな気分の1日ではあったよなあ。
きょうは千鳥ヶ淵におべんと持参_d0027243_1844264.jpg

オタマジャクシがいる。
タグ:
by god-zi-lla | 2012-04-12 18:04 | 日日是好日? | Comments(4)

ことしも目黒川の桜

ことしも目黒川の桜_d0027243_7434989.jpg
花冷え。

川っぺりのお花見だからよけいそうなのかもしれないけど寒い。
桜はかなり咲いてるのに、寒かったねえ。

話はアレですけど、こういつまでたってもコートが手放せない気候が続いちゃうと資金繰りの苦しくなるクリーニング屋さんが出てきそうだよな。もしかするとそういう業種がいっぱい出てきてるのかもしれない。

最終的な需要予測はあまり変わらないとしても、4月に立つべき売り上げが5月以降になっちゃうってのはやっぱり苦しいよな。

なんてことも少し考えながら奥さんと中目黒から目黒・大鳥神社方向へ歩いた。

そういえば目黒のパイオニア本社跡はキレイに整地されちゃってオフィスビルが建つんだね。
しかし目黒のオフィス需要って、そんなにあるんだろうか。

まあそんなことおれがシンパイする必要なんかぜんぜんないんだけど、そのパイオニア跡を通りすぎて古い喫茶店に入りカレーを食ってコーヒーを飲んだ。これがサイフォンで淹れた、香りはいいんだけど少し薄い、いかにも昔風な喫茶店のコーヒーなんだな。

それから来週月曜日、ここに引っ越して以来いちばん大勢のお客さんするのでそのための買い物を少しだけして、ぶらぶらと目黒通りを歩きながら休館中の庭園美術館やそのとなりにある自然教育園の、どちらも見事な桜の古木を愛でつつ帰ったのでした。
タグ:
by god-zi-lla | 2012-04-08 07:43 | 日日是好日? | Comments(0)
前後しましたけど今年も目黒川の桜_d0027243_13245994.jpg
このまえの日曜日。
みんなお花見自粛しないで大いに結構でした。

とくに中目黒駅近くは例年より混雑してた気がするくらい、
道ばたじゃ飲み屋だろーが美容院だろーが町内会だろーが、お酒売って大盛況。

おれは呑んべってことについて人さまに遅れをとるつもりは毛頭ございませんが、
たとえビールでも昼酒苦手な性分だもんだから、花見といってもただ歩くだけなんです。

桜そのものは中目から池尻に向かうほうはちょっと葉桜で、
目黒新橋から中目の間のほうが見ごろだった。

とにかくまあ、お花見を今年もできてよかったよ。
来年は、日本人みんなしていいお花見がしたいもんですね。
by god-zi-lla | 2011-04-13 13:25 | 物見遊山十把一絡げ | Comments(4)

土日はお花見

土日はお花見_d0027243_9572235.jpg
きょうも雨だねえ。

きのうも降るというとこまではいかなかったけど雨模様の肌寒い天気で、お花見にはちょっとどうかなあとは思いましたが年に1回だしね。行かなきゃ行かないでどーってこともないんだけど、どーってことないことはどーでもいいことかっつうと、そうでもなかったりするからね。

ま、ものによりけり、人によりけりだけど、おれたちは権之助坂でバス下りて目黒新橋から小雨の人混みを今年は池尻大橋まで歩いてやったぜい。

池尻大橋から上流は目黒川そのものが暗渠になちゃってるので桜並木もおしまい。
その先の暗渠のうえに作られた細長い公園の人工のせせらぎも悪くはないんだけど、花見だからね今回は。

しかし雨模様とはいえ大変な人出だ。日本人てなホントに桜が好きなんだねえなんて話しながら歩いてるおれたちだって日本人じゃありませんか。いやまったく。

でもなんだか知りませんが年々歳々この花見客相手に食いものやら飲み物やら売る露店商売が増えてきてるねえ。それもあれですよ。この目黒川沿いの飲食店が外に店出してるのもさりながら、美容院がビール売ってるピザ売ってる小じゃれた洋服屋のあんちゃんが店先にホットプレート出してソーセージ焼いて売ってるワイン売ってる甘酒売ってる。そうかと思えばフツーのお宅がガレージセールの傍ら玄関先でおでん売ってたりね。

ここいらへんは代官山とは背中合わせの、まあ東京じゃあ少しオサレな街のひとつだと思うんだけどさ。そういうとこでこの人混み相手の怪しげなショーバイが大繁盛しちゃうとこがもう代官山も中目黒もアメ横もお祭りの夜店もなんもかんも同じ、根っこはアジアだなあってね。
土日はお花見_d0027243_11221834.jpg

土曜日は地下鉄で巣鴨まで行って墓場でお花見。

ソメイヨシノ発祥の地ってな東京駒込あたりだということで、昔は染井村といったんだそうですね。

巣鴨駅から少し歩いたとこに染井霊園て古い都営の墓地があるんでした。
ここが桜の名所だということで奥さんと行ってきたんですけど、しかしあれですわ。やっぱちょっと墓地に花見ってのもなんだかね。少し気後れするというか申し訳ないというかバチが当たりそうというか化けて出られたらどーしましょといいますか。

というわけで墓参りを兼ねて行ってくることにしました。
あたしら結婚のさいに今も大活躍の圧力鍋をお祝いにくだすったかたのお墓。

いやそれが奥さん一度お墓参りに来たことあるから大丈夫かと思ったら、これがお墓発見できずに右往左往すること小一時間。

いやーお線香もお供えのワンカップも持ってるしさ。まさか今さらお花見だけして帰ろうなんてそんなことできやしません。もうシラミツブシに当たるっきゃあないじゃありませんかあなた。それこそ化けて出られちゃうよ、そんなことしたら。

でもまあ端から地道に探しましたところ無事にお墓も見つかりまして、お線香上げてお酒を墓石にかけてお参りしてまいりました。

これでようやっとお花見モード。
古い墓地ですから幣原喜重郎なんて昔のエライかたのお墓なども見物(!)しながら、しかしここの桜はさすがに立派だなあ。目黒川は数で勝負ですけども1本1本はやっぱりまあ街路樹といいましょうか。この染井霊園のあちこちにある桜の古木とはちょっと勝負になりません。

しかしここもたいした人出だぜ。
さすがに目黒川みたいに押すな押すなってわけじゃないけど、ほとんどの人はお墓なんか目もくれないつうか、たんなる花見客なのね。

まあこんなこと言っちゃいけないかもしれませんが、来年は桜見上げてるその足の下かもしれないって年頃のみなさんも、なにせ最寄り駅が巣鴨ですから結構いらっしゃいますね。

さすがに墓地だからいないかと思ったら、ブルーシート敷いて宴会中のかたがたもありました。うーん、お墓に囲まれてお酒飲んで、おいしいんですかね。

よく見ますと「日本共産党」の幟を立ててお花見宴会の真っ最中。
なーるほど。さすがにマルクス主義は違います。
なにせ宗教は麻薬だからね。化けてでるだのバチが当たるだのご先祖様に申し訳ないだの蜂の頭だのなんだのかんだの、そーゆー「迷信」とは無縁仏じゃなくてアウフヘーベンしちゃってんでしょうね。

ぬあんてとこまで見物さしていただきつつ染井霊園を後にして、中山道走る都バスにあてもなく乗りましたところこれが浅草行き。

そのまんまこんだはスカイツリーの見える雷門界隈の、信じられないくらい押すな押すなの大混雑のまっただ中に放り込まれてしまったのでした。
タグ:
by god-zi-lla | 2010-04-05 09:57 | 物見遊山十把一絡げ | Comments(0)
まだ咲いてなかった小学校の桜_d0027243_13292.jpg
桜の写真は撮ってすぐじゃないと古くなっちゃうからなあ。

土曜日。
ことしハタチになった息子と、ぼちぼちお肌の曲がり角にさしかかる(笑)娘がお世話になった小学校の前を、たまたま通りかかったもんだからケータイで撮った写真す。まだこのときは一分咲きって感じだったけど、もう今日あたりはかなり咲いてるだろうな。

入学式のときも卒業式のときも、この桜の下で、ふたりとも写真撮ったもんです。
そのせつはたいへんお世話になりました。

それにしても、なんだか寒い日が続きます。
それでも桜はぐんぐん咲いて。

もう後戻りできないって感じに。
タグ:
by god-zi-lla | 2010-03-29 01:03 | 物見遊山十把一絡げ | Comments(0)

目黒川の桜、4月3日

目黒川の桜、4月3日_d0027243_648231.jpg
きのう昼過ぎ権之助坂側から中目黒駅に向かって歩いてきた。平日だってのにすごい人出だわ。

花はその木によって五分咲きだったり八分咲きだったり、まだぜんぜん花を付けてなかったりほんとにいろいろ。よく見れば1本1本ぜんぶ咲き加減が違うんじゃないかという感じもする。こうやって木毎に開花時期を少しずつずらしていくことで、もしかしてなにかあの目黒川ぞいの桜全体としてのメリットでもあるんでしょうかね。

それはともかくまあ満開までまだちょっと間がある感じ。見頃は来週月火くらいでしょうかね。目黒川の水面に花びらが散ってるのも見どころだしさ。


目黒川の桜、4月3日_d0027243_6474464.jpg
花をクチバシでつぎつぎむしり取って、たぶん蜜を吸っては捨てていく小鳥。この木の下にはだから散った花びらじゃなくて鳥にむしられた花が、ちょうど椿の花が落ちるような感じでたくさん散らばってた。

スズメよりまだひとまわり小さいメジロくらいの体長かな。とにかく非常に小型の鳥なんだけど、なんつう名前の鳥なんでしょうか。

しかも気づいた範囲ではたった1本この木だけにその鳥が群がってたのが不思議だよな。
で、よく見るとこの木の花の色はほかの桜とはちょっと違うし、まだ満開ではないのに若葉も付けはじめてるから多分ソメイヨシノじゃないんじゃないかと思う。

この木の花の蜜が格別甘いのか、それともなにかほかに理由でもあってこの木だけに群がってるんだろか。

しかし3月末の天候不順のおかげで、よい時期に満開になりそうな東京の桜ではあるよ。
タグ:
by god-zi-lla | 2009-04-04 12:08 | 物見遊山十把一絡げ | Comments(2)

さくら川

さくら川_d0027243_132546100.jpg
引っ越しで出遅れちゃったけど目黒川の桜をきのう奥さんと見物に行ってきたんでした。ことしは初めてJR目黒駅から権太坂じゃなくて権之助坂を下ったあたりから「もう散っちゃったかなー」なんて思いながら中目黒方向に歩いてみたんだけど、いやーこれが大正解でしたもんね。

目黒川の川面。わかりますかね、おれのヘタな写真でも。桜の花びらで水面が埋め尽くされそうなのよ。さいしょ、なんなのかわかんなかったんだけどね。しばらく見てるうちに、うわー風にはらはら散ってく桜花が川面を覆ってるんだわー。満開の桜見物にはちょっと出遅れましたけど、これはこれでべつの趣きがあっていいよなあと夫婦で感心しきりの昼下がりなんでした。

ちなみに中目黒のもう少し上流まで歩きましたが、こういう風景は川幅の広い中目黒駅手前あたりまででおしまいなんだね。目黒と中目黒のあいだのこのあたりは川幅が広いぶん、上流のあの川面に両岸の桜の枝が交錯しながら覆いかぶさって咲く満開のときの見事さにはかなわないかわり、広い水面ならではの、もうひとつの見頃っていってもいいような景色が葉桜の時期に出現するんだねえ。いやー知りませんでした。

どちらも水面に花の咲きかかる、川岸の桜並木ならではの楽しみなんだろうな。
タグ:
by god-zi-lla | 2008-04-06 14:08 | 物見遊山十把一絡げ | Comments(4)