神はどーだっていいとこに宿る


by god-zi-lla
ガキのころのおれの勉強机のようにとっちらかった_d0027243_18010489.jpg




このランサーのトップボードを見たら、こんなことするヤツぁオーディオマニアの風上にも置けんわ! なんつってお怒りになったりする人がひょっとしているかもしれませんけど、いいんですべつにアタクシ風下でじゅうぶん。

いやーロジャースstudio 2aの天板の上は広くてよかったねえなんて一瞬思っちゃうくらいラグ板取り付けたベニヤ板は大理石のケツより後ろにハミ出してるし、T90Aの前面がオフサイドラインだとするとアッテネーターも作りかけのヒコーキも向こう側に見える中2のときに作ったF4Fワイルドキャットも、みーんなオフサイドで、ゴジラだけがプレイアブルだもんなー。

でも、いいのいいの。プラモもゴジラもほかに行き場がないから、ここでずっと肩寄せ合って生きていくんです。

それにさ。コイツらを全部きれいさっぱりどけてみても、音の違いをおれはぜーんぜん聴き分けらんないのね。だからスーパートゥイーターも一緒になってみんなで仲良くやってくれ玉へ。

つうわけで先日こさえた『減衰器付きハイパスフィルター』(馬子にも衣装、俗ブツには肩書き)をおとつい取り付けてみたのであった。

スーパートゥイーターT90Aをいったん外してから2週間ちょい、いろんなものを聴いてみたけど正直なとこスーパートゥイーターがないとちょっとなあっつうアルバムや曲はほとんどない。

古いジャズやなんかはいい音で鳴るに決まってんだからべつにまあいい。新しいジャズだって楽しく鳴ってます。LP買ったらすっかりヘヴィーローテーションになっちゃったヴァン・モリソンの去年のアルバム〈You're Driving Me Crazy〉だってめっちゃ楽しくてウルサい音がする。

(あ、そうそう。その『楽しくてウルサい音』ってのが最大のキモなんですけど、説明しようとすると自分でもわけわかんなくなるので説明省略)

しかしたまに、あまり新しくない、かといって古いと言い切れるほどでもない70年代の主としてクラシックのLPレコードのなかにウルサいんじゃなくてキツい音がして楽しみにくいのがあってさ。まあこの時代のレコードには珍しくない傾向だから、どうやったってキツいのが治るわけじゃないんだが、それにしてもコイツが多少でも和らぐのであればそうしたいとは思うわけだ。

こういうヤツらはコンデンサーで切っただけのT90Aが乗っかってたほうが、キツいとはいえまだマシな感じだったんだから、んー、このへんのキツい音のする(しかし音楽としては気に入ってるから見放したくはない)アルバムを少しでもマシな音で聴くためにはスーパートゥイーターがあったほうがいいよなあっていう感じがしてね。

しかもやや存在を主張しすぎな気分のしないでもないT90Aのレヴェルをちょっと絞ってやったらさらにいいんじゃなかろうかって予感もしたわけだ。

それに、そもそもT90Aを外してランサーだけにしたほうがいいっていうレコードや曲もとくになかったのと、T90Aを外してみると例えばウッドベースのぶうーんって感じの余韻とかオーケストラの低弦の合奏がホールの空気をぶわっと膨らますような感じがほんの少しだけ薄まったような気もしてさ。

そういうわけで、とりあえずアッテネーターの目盛りで3デシベル見当絞った状態で聴き始めたとこなんだけども、まあこういう素子が回路に馴染むまで多少の慣らし時間も必要なんでしょうが、いまんとこ3デシベルまで絞ることはないのかなっつう感じでさ。もうちょっとウルサくてもいいんじゃあるまいか(すまんね。ウルサいウルサいと、ウルサくて)。

アッテネーターのツマミをグリグリやるのはいつだって出来るから、もうしばらくこのままいろんなレコードやらなんやら聴いてみることにする。



by god-zi-lla | 2019-02-15 15:12 | オーディオもねぇ… | Comments(0)
冬の工作まつり。またソレかよ、なんつて。_d0027243_11435140.jpg





なんかさー。最近ちょっと思ったんですけど、おれのばやいオーディオって道楽とそのオーディオで音楽聴くってことは、あんまし関係ないんでないのって。

まあふつう、いい音でオンガク聴きたいからオーディオ装置いじくったりおカネつぎ込んだりするってことになってるわけだけど、ひとさまはともかくとしておれのばやいってそれはいわゆるひとつの外交辞令つうか他人さまに一応説明つくようなことを言うための辻褄合わせに過ぎなくって、いい音でレコードやなんか聴きたいと思ってんのはたしかにそうなんですけど、たとえば上の写真のようなモノをこさえてるときのアタクシってのは、いい音でオンガク聴きたい一心で手を動かしてんのか? いやーなんか必ずしもそーゆーわけでもない気がするよなーって。

ハンダのフラックスの煙を吸いながらフトそう思ったんである。

なんつうかむしろ、板っぺらをノコギリで寸法に切り出したり(コイツはせんだってのマトリックススピーカーの残材のベニヤなり)、赤と白の配線材を切って被覆を剥いたり(写真に写ってる青いベルデンの安物SPケーブルがまだいっぱいあるから、その芯線を引っこ抜いて使ってる)、それからラグ板をベニヤにネジ止めして、アッテネーターと電線とラグ板をハンダづけしたりするのって、そういう作業自体をやりたいからやってるだけで、出来上がったものを使ってツイーターのレベルを少し絞ったらどんなもんかなーなんてことはとりあえず二の次だったりしてさ。

どうもソレとコレとが脳味噌のなかでちゃんと繋がってない、つか、やってるうちに最初はいちおう繋がってたものが、いつのまにか途中のどっかで外れちゃうのかもしれない。

まあいいんだけどね、それでひとさまに迷惑かけてるわけでもないしさ。

つうわけでホーンツイーターT90Aにコンデンサー1個を宙ぶらりんに繋いだだけの、そのへんの地下道でゴロ寝してる横着な路上生活のオジサン状態からアッテネーターを繋ぎ台の板にラグ板を取り付けコンデンサーもそこにネジ止めし、言ってみりゃあ路上生活もねぐらを段ボールで覆うくらいまでには年季も入って安定してきたというようなモンなのであった。

でまあ、出来上がったのですぐに取り付けてアッテネーターぐりぐりやって試してみてもいいんですけど、せっかくツイーター外してあるんだからこのへんでもういっぺんランサーだけの音を聴いてみようじゃんというようなことにしたわけなのであった。

最初から半年くらいたったら一度振り出しに戻してみるつもりでいたんだけどね。ランサーが届いたのが去年の黄金週間のころだからぼちぼち9か月、T90A譲っていただいてからだと8か月、ちょうどいい頃合いでしょ。

なにしろ50年近くむかしの古いスピーカーを中古品として買い求めてるわけだからさ。その長い年月いったいどういう状態で鳴らされてたのかまるでわからない。もしかしたら前の持ち主が長年愛用しておれんとこに来る直前まで毎日毎日鳴らし続けてたかもしれないし、ぎゃくに長い間薄暗い物置のようなところに仕舞い込まれ、おれんちに来て何十年ぶりかでちゃんと鳴らされたって可能性もないわけじゃないし。

だからおれんところで鳴らし始めの音がそもそもランサーってスピーカー本来の音だったのかどうかなんて、おれにはまるでわかんないわけだ(いかにも古いJBLらしくって、おれ好みの音じゃんかとは思ったけどさ)。だけどこれくらい鳴らし続けてくればさすがに長いこと物置の片隅で眠ってたとしても、目を覚ましてそこそこ調子を出してくる頃なんじゃあるまいか。

で、きのうからL101ランサーは「すっぴん」の状態で鳴っているのであったが、明らかに去年の5月よりも音がほぐれたというか、いま鳴ってるこの音と比べれば、あのころはまだ荒れたような固いようなキツいような芯が残ったインスタントラーメンのような音だったような気がする。

やっぱりスピーカーってのは鳴らし続けてみなきゃわかんないよなー。

さてこうなるとアレだな。アッテネーターとコンデンサーの「段ボールハウス」は作ったけど、急いでT90Aを戻すこともないよな。9か月前とどのくらい変わってきたのか。場合によっちゃこのままにしといたほうがいい感じの音なのか。ずうーっと聴き続けてるうちにやっぱり上に乗っけたほうがいいと思うようになるのか。

まあとりあえずこれから半月やそこらは「素」のランサーを楽しんでみるとするか。ほかにもやりかけてることがあるしさ。次はそっちだ。




冬の工作まつり。またソレかよ、なんつて。_d0027243_16244159.jpg


いまはたんなる置物。









by god-zi-lla | 2019-01-24 16:18 | オーディオもねぇ… | Comments(0)


(中間報告)この背中も久しぶりだねえ_d0027243_12182918.jpg




少し涼しくなってきて蠢き始めたオーディオの虫。この虫はウチじゃ夏のあいだ「冬眠」してたんである。でもって秋なのに漢字のなかに「春」が入ってたりしてウゴメクのも楽しいよね。

なんのこっちゃ。

先週じつは普段リアチャンネルに使ってるエレキットのKT88シングルをNo.29Lの代わりにランサーに繋いでたんだけど、これが悪くなかった。つか、悪くないだろうなあと思いながら音を出してみたところが案の定悪くないというような音なのであった。

そしてこんだはこのQUAD405をひさびさにマイナーリーグから呼び戻してみたわけね。

じつに懐かしい風景なり。いちばん左のDIN4Pinの入力ケーブルは秋葉原の平方電気特製である。特製も特製、なにしろラジオセンターのまわりをぐるっと散歩してくる間に中村店長さんに作ってもらったんだからね。ベルデンの線材にスイッチクラフトのプラグが付いた1.5メートル。あれから12年もたったんだねえ。

マークレビンソンをどけるのは大変だからこの405はヒミツの場所に仮り置きしてあるんだけど、オーディオマニアにあるまじきヒミツの「台」に乗っけてるのはヒミツ。

きのうから音を出し始めたところなんですが、これはひょっとして近々レビンソンをどうにかすることについて考えることになるかもしれない、というようなことが脳裏をよぎる今日このごろなのであった。

でもまあ、ランサーが来たときからクオードとの組み合わせに一定の期待感を抱いてたのは間違いないんだ。

もうしばらく聴き続けてみる。

405ってのはホントたいしたヤツだぜ。


タグ:
by god-zi-lla | 2018-09-16 22:53 | オーディオもねぇ… | Comments(4)
酷暑のあいだはチマチマしたことだけするのよ_d0027243_06161771.jpg




前にも書いたけどこのFostex T90Aスーパートゥイーターは神様からの下さり物みたいなもんである。

で神様はついでに0.47μFのムンドルフ製フィルムコンデンサーもオマケに下さった。じつにありがたいことである。たいてい神様というのは「あとは自分でおやんなさい」なんつって肝心のところで人を試すようなことをなさるもんなんだが、おれんちの神様はそういうことはなさらないのである。

で最初それをくっつけて聴き始めたのであったが、どうせそのうちいろいろやり始めるんだからと同じムンドルフの0.63と1μFをすぐに買い求めてあった。

値が大きいんだから、もし0.47の代わりにコイツらのどちらかを取り付ければクロスオーバーポイントは下がる。

ところが0.47で聴き始めて数日たったところで、もしかしてT90Aは少し出しゃばりすぎてんじゃないかという気がしてきた。あーこれはもう少し値の小さいコンデンサーに置き換えたらどうなんだろ。

ちょっと考えりゃそういうことだって大いにありうるとわかるのに、おっちょこちょいのおれの手元には0.47より容量の大きいコンデンサーが2種類あるのみであった。ほんと、おれってつくづくバカだよなあ。1μFじゃなくって0.33を買っとけばよかった。

しかし還暦もずいぶん過ぎてから自分のバカをいくら反省しようが後悔しようが、そんなもんは半世紀以上前にちゃんとやっときなさいってあれほど言ったでしょ。このトシになって人生悔いてるようじゃ死ぬ以外の選択肢がない。たしかコンデンサーって直列につなぐと容量が減るんだったよな。

で0.47に0.63を直列につないでみた。計算ではたぶん0.28μFくらいのはずだな。聴いてみると、あーこっちのほうがいいかも。高域がちょっと大人しくなって聴きやすい。

つうわけでそれからひと月ちょっと。じつは前回のエントリーのときはすでにそうなってたんだけど、そのときの写真じゃちょっとわからないな。つまりT90Aの置き場所を前後に動かすようになったのはコンデンサー2両編成にしてからなんでした。

でね。神様の下され物の0.47と自分で買った0.63が繋がってひと月ほど経ったんだけど、一緒に買った1μFにまだ出番がないわけです。可哀想だからこれもいっぺんくらい使ってやろう。かわいそう? そんな理由かよ。そんな理由だよ。敗色濃厚の試合の最後に控え選手を代打で出す甲子園とおんなじさ(違うって)。

まあ0.47か0.63に直列に繋げば0.28よりさらに値は下がるんだけど、それはいずれやろうと思ってたし。だったら試しに1μFだけ繋いでみたらどうかな。どうせラグ板でネジ止めしてるだけのバラックだからダメならすぐに戻しゃいいだけのことだしな。

最初0.47でもT90Aが出しゃばりすぎのように聞こえたんだから1μFじゃうるさくて聴いてられないんじゃないかと思ったんだけどさ。やってみるとこれがとくにうるさくなるわけでもなくて、なんかみょうに濃厚な味わいを振りまいてくれるじゃんよ。どうもかなり予想と違う音になっちゃったけど、なんかいいですねこれって。

つうわけで、いまは写真のように1μFのコンデンサーがひとつだけくっついているのであった。

んー、このT90Aはたぶん神様のお宅でも長い間使われてなかったでしょうから、このひと月半でリハビリが済んで音がこなれたってことが大きいのかもしれない。もちろんランサー自身の鳴らし込みもずいぶんと進んだでしょうしね。ひと月前に1μF付けてもこうはいかなかったんじゃあるまいか。

ところで1μFのコンデンサーを入れると計算上は20KHz前後のところで3デシベル減衰ということになるんだそうだけど、いろいろやり始めてわかってきたんだが、スーパートゥイーターを付けるのにコンデンサーひとつでローカットするときクロスオーバー周波数が何キロヘルツかという値は(電気的な安全さえ確保してあれば)そんなに重要なことじゃなさそうだな。

だいち、コンデンサー1個だと「ローカット」といったってダラダラとゆるい坂を下るように減衰してくだけだから、スーパートゥイーターに近づけば耳に聞こえる帯域の高音がそこそこ出てて、正直言って「カット」というコトバの感じとはだいぶ違う。

つうことは20KHzとかっていうピンポイントで示される数値というより、スーパートゥイーターの再生音が低い周波数に向かってダラダラ下がっていくときの坂道の長さとか、自然減衰によるのとコンデンサーによる減衰が合わさってできる坂道の角度とか、そのへんのモロモロ変化する状態にコンデンサーの値が影響してるわけで、20KHzって座標上の「点」になんら意味があるわけじゃない。

ようはそうやってコンデンサーが決めたゆるい坂をダラダラと下っていくスーパートゥイーターの音と、もともとのメインシステムの音との混ざり具合を実際の聴感としてどう判断するかがモンダイだってことらしい。

長年、そこいらへんのことを勘違いしてましたね。むかし雑誌かなんかで読んだ知識だけで経験がなかった。いやいや面白いわ。

こうなるともういっぺん最初の0.47μFひとつだけというのも聴き直してみたほうがよさそうだな。あの時点ではたんにランサーとT90Aの、両方の鳴らし込み不足の音のかけ合わせを聴いてただけかもしれないもんな。

---

話は変わりますけど、じつはずいぶん前からランサーを鳴らしてるパワーアンプをQUAD 405に代えてみたらどうかなと思ってね。なんかレヴィンソンよりクオードのほうがランサーに合ってんじゃないかという予感がしてならないんだよ。

でも毎日こう暑くっちゃパワーアンプみたいに重たいモンを動かそうなんて気にまったくなれません。とりあえずレヴィンソンは動かさないにしても、いくら小型とはいえ405だってそこそこの目方だしさ。そのうえケーブル外してとなりの部屋から持ってきてあーだらこーだらするなんて、想像しただけで汗が噴き出してくるでしょ。

そのてんスーパートゥイーターにくっつけるコンデンサーはいいよ。まるで吹けば飛ぶような、重くたってせいぜい飛車か角行くらいのもんだ。あーだこーだ言いながら取っ替えひっかえしたって大したことありません。

なのでこの夏の酷暑のあいだオーディオはコンデンサーいじりのみに徹することにして、アンプのことは涼しくなってから考えることにしたんでした。

いいトシこいたジイさんがこの暑さのなかオーディオに熱中してるうちに熱中症じゃ笑うしかないしな。




by god-zi-lla | 2018-08-12 18:24 | オーディオもねぇ… | Comments(0)
チョンマゲを前にやったり後ろにしたり、あるいは、トコロテンはどうして心太と書くんだろうか(なんのこっちゃ)_d0027243_07205642.jpg




せんだって居酒屋に腰を下ろしたら突き出しにトコロテン(心太)が出た。ひゃあ、汗をかきかき結構な道のりを美味い酒にありつきたい一心で歩いてきたオヤジ連中に、これはじつに涼しくて気の利いた品だよなあ。

ところで、この酢醤油に浸した心太というのを西のほうではあんまり食わない。おれの親は西のほうの生まれ育ちだからガキのころ心太というのを食ったことがなかった。オトナになって自分のカネで飲み食いするようになって初めて酸っぱい汁といっしょに心太をツルっとやった。

しかし酒の肴つうわけでもないし、ゴハンのおかずになるとも思えない。甘いわけじゃないから「おやつ」という感じでもないし、これはひたすらツルンとした食感と酢の刺激で涼を取るために夏の真っ盛りだけに現れる、ウチワやかき氷や怪談話なんかと一緒の夏をちょっぴり過ごしやすくする「冷却装置」みたいなもんだな。

つうわけで久しぶりにL101ランサーなのであったが、大理石のトッププレートをエプロンに見立ててレシプロ戦闘機のジオラマをこさえたわけではない。

んだけど、このプラモデルどもはスピーカーのうえ以外行き場がないので、スーパートゥイーターが来ようがハエが止まろうがホコリがたかろうがここを頑として動かないんだから仕方ありません。まあ仲良くやっておくれ。

せっかくの大理石を覆っているのは舗装した滑走路じゃなくって方眼紙で、スーパートゥイーターの位置決めのためにボールペンで線を引いたのを両面テープで大理石に仮止めしてある。

ほいでもってこの線に沿って、ときどき思い出したように前に出したり後ろに下げたりしながら様子を見てる、つか聴いてるわけさ。

ちなみにいちばん後ろの線は、おそらくこの辺がLE175DLHのヴォイスコイルの先端あたりじゃなかろうかという、バッフル表面からおよそ20センチメートルほどのところに引かれている。

ホーンの全長データからこの辺だろうと推し測ったわけだけど実際に線引いてT90Aを置いてみると、えー、こんなに引っ込んでんのかよとびっくりして思わずバスレフポートから手を突っ込んでLE175DLHのケツっぺたあたりをまさぐってみたりなんかしたんでした。

上の写真を撮った時点ではT90Aをそのいちばん後ろの線に合わせてあるんだけど、その後うんと前に出してみたり少し下げてみたりしつつ、きょう現在は写真の位置から2センチ前に出たところに置いてみている。

でスーパートゥイーターを前後に動かしながら、どこ聴いてんのかといわれれば、どこということもないんだ。

少なくとも奥行き感だとか立体感だとか、そういうことはまったく気にしてない(ふつうはそのあたりがオーディオ的なキモなんでしょうけど、そういうとこに最近まるで興味がないの)。聴いてるのはむしろ音色の変化かな。前に出したり後ろに下げたりすると、ちょっと穏やかになったり少しだけ押しつけがましいような音になったりするように思えるし、「粗い/きめ細かい」みたいな違いもあるようだし、「硬い/柔らかい」の違いもありそうだけども、もしかしたらそれはみんな同じことを違うコトバで表しただけのような気もする。

が、とにかく動かせば自分の好き嫌いの差が間違いなく出るんだ。穏やかであればいいってモンでもないし。きめ細かければ良しというモンでもない。ようはそこんとこだな。

とにかく、だいたいこの辺がおれの好みだなって位置を見つけて早いとこ方眼紙を引っぺがしてやりたいもんである。

そしたらT90Aの前にレッドカーペットでも敷いてやろうかと思ってる。

ところでだね。以前のStuido 2aのときもスピーカーの上にはプラモデルが乗っかってたんだが、音楽を聴いてるうちにコイツらが振動で動いちゃうなんてことは金輪際なかった。右のスピーカーの上には樹脂製のゴジラがいるんだけどこれもまた同様、いつも同じ場所に仁王立ちしてた。

それが、まだ方眼紙を敷く前だけどT90Aとプラモデルを乗せたまま聴いてるうちに、ふと見ると迷彩塗装の複葉機(これイタリアの戦闘機です)がいつのまにかランサーの格子細工のフロントグリルのフチのところに車輪を引っ掛けて、まるでトンボが木の幹に止まるような姿勢でしがみついているじゃないの(つまり床に落っこちる寸前)。

よくよく見たらほかの2機もビミョーに元の位置から動いている。なんなんだこれは。

その時はそこそこデカい音でベースやドラムスがビシビシ、ドスドス盛大に鳴る音楽を聴いてたのは間違いないんだ。いやーこれがジムランの真骨頂ってヤツだよなあ、なんてニヤけながらね。

だけど同じくらいの音量で同じレコードをロジャースで聴いたことだって当然あるわけだ。そのうえStudio 2aの天板を含むエンクロージュアは薄っぺらでぺかぺかした合板である。当然盛大に箱鳴りしてる。つか、あれはハコが音を出すスピーカーなんである。当然天板だって振動してるわけだ。

だけどプラモデルが振動で動いて落下寸前なんてことは一度もなかった。ミリ単位で動いたことはあったのかもしれないけど、動いたなと認識したことはいっぺんもないんだよ。

いっぽうランサーのエンクロージュアもそうぶ厚い板を使って作られてるわけじゃなさそうだが、少なくとも天板には重たい大理石が乗っかってる。その重たい大理石をプラモデルを床に叩き落とす寸前まで揺すぶるっていったいどういうチカラが働いたんだ。

これがジムランの真骨頂ってヤツか。

いやー、だから当然T90Aも見てみましたさ。木製の付属スタンドに乗った、しかしプラモデルなんかと比較にならない重量のアルニコ磁石とアルミ削り出しホーンのスーパートゥイーターだからね。コイツはいくらなんでも。

と思ったら動いてやがる。トンボみたいにしがみつくとこまではいきませんけど、ちゃんと真っ正面を向けて置いてあったはずなのに、ほんの少し(しかしハッキリと)ナナメを向いてるじゃんか。左チャンネルも右チャンネルもだいたい同じくらい動いてる。

んー、これはいけません。前後に動かす実験をする前に勝手に動かれちゃハナシにならんて。なんとか動かないようにしなきゃいけない。

でね。これは実際に拝見したこともありますしネット上にいくらでも実例写真もありますけど、長岡派の皆さん方は鉛のインゴットでスーパートゥイーターを両脇から挟むようにして設置するのが常道なんですね。

というかバックロードホーンの上にスーパートゥイーターを置くと生半可じゃない振動を受けるってことでもあるんだろうな。

しかも調べてみると近ごろはスーパートゥイーターを固定する用にハーフサイズの鉛インゴットってのも用意されてるというじゃんか。だけどしかし、もうちっと安直に低予算で、しかもあんまり目立たないように安定化さすことはできないものか(鉛インゴットは目立つよ絶対)。

きょうびは地震対策に棚の上に乗せた食器だのなんだのが簡単に落下しないように敷く滑り止めシートのたぐいがいろいろ商品化されております。試してみるならまずアレだろ。

で写真じゃよくわかんないでしょうが東急ハンズでごく薄い(1ミリ厚あるかなしか)シリコンゴムのメッシュシートを見つけて、これを木製スタンドの大きさに切って敷いてみたんでした。たしかお値段は150円くらい。

これでT90Aは動かなくなった。めでたしめでたし。

プラモデルのほうは相変わらず目を離すとアサッテの方角を向いてることがあるけど、これはその都度元に戻しております。

まあ、三角形のゴム片かなんかで小さな「車止め」をこさえて黄色く塗って車輪のところに置いてやるなんていうのもオツなもんかなあと思わないでもないんだけどさ(実際のヒコーキもみんな地上にいるときはそうしてるわけだしね)。




by god-zi-lla | 2018-08-03 14:20 | オーディオもねぇ… | Comments(3)
チョンマゲ頭を叩いてみれば因循姑息の音がする_d0027243_10351316.jpg


フォステクスのT90Aというんである。
いちおう知らない人に説明するが、これはスピーカーのてっぺんにくっつける「髻(もとどり)」のようなもんである。すてれお道楽者の古いふるい習慣なので文明開化の音はなかなかしないんである。

つうわけである日メールが届いたので読めば「送ったからしばしの間試してみよ」と。そしたら翌日の午前中には早や届き、開梱してみれば0.47μFのフィルムコンデンサーまで箱に収められており、取るものも取りあえずあり合わせの電線やらなんやら使って繋いでみたんでした。

じつはこの「出来合いのスピーカーシステムにスーパーツイーターを追加する」というのをアコースティックエナジーAE2Rで試してみたことがあったのよ。もう10年以上前のことですけどPT-R4てパイオニアのリボンツイーターのなかで一番お安いのを乗せてみた。

そもそもAE2Rの高域がワイドレンジだったせいか(あれはたしか35キロヘルツ以上伸びているというカタログデータだったかと)、音のほうにはなにがどうしたというようなはかばかしい変化がなくてね。んー、スーパーツイーターなんてこんなモンなのかと、結局しばらくしてPT-R4は売ってしまったんである。

AE2Rの伸びた高域に比べランサーのほうはどうかというと、一聴すぐに高いほうの音はあんまり伸びてないとわかります。それでいいといえばそれでいいんだけど、古いジャズだけじゃなくていろんな音楽をいろいろにかけてみると、なんかもうひと味あってもいいんじゃないかという気がしてくるときもある。

角を矯めて牛を殺すようなことは勿論したくないけど、出来ればどんな時代のどんな種類の音楽でも分け隔てなくこのバリッと乾いたオールドJBLの音色で楽しみたいもんだなあと思うわけだ。

でパワーアンプ取っ替えたらどうなるかとか、スーパーツイーター乗っけたらどうだんべとか、まあオーディオマニアですからそういうことを考えてみたり、たまさか湯島天神の石段の下で口に出して言ってみたりしてね。

そうしたらそれを聞いた天神様がだね。フトコロ寂しいオーディオマニアを哀れに思し召して、勿体なくもあらかじめメールでご託宣あらせられたうえで、はるばる太宰府より宅急便でお届けくだすったのがこのフォステクスの「髻」だったのである。

なんちて(実際には宅急便はヨコハマのほうから来た)。

いやあしかしビックリだわ。上だけじゃなくて下までスーパーツイーターで変わるんだもんな。そういうことがあるんだってハナシは以前よりよく聞いてたけどアコースティックエナジーの上にパイオニア乗っけたときにはそんな「ケ」もなかったしさ。だから音を出した瞬間飛び上がりそうになった。いやもしかしたら飛び上がってたかもしれない。

こりゃあいけません。これはずんずん探求してみない手はないよ。さっそく天神様に、早速に秋葉ヶ原などへ出向き同じブツを自分で買い求めますゆえ、それまでの短い間、どうかわたくしメにお貸し与え下さいませ。買い求めたアカツキには素早くお返し致し申さむ(二礼二拍一礼)。なんどと唱えておりますと天神様曰く、いやいやその儀に及ばぬ。そのほう神妙なる態度ゆえブツはそのほうに下げ渡すぞよ。しかし、そのほうもタダで下げ渡されるのも心苦しかろう故、些少の喜捨を致せ。存分に楽しめよ。

ありがたや、ありがたや(二礼二拍一礼)。

つうようなわけで期せずして我が物になったT90Aは、あり合わせのバナナプラグでコンデンサーに繋がれて写真のようなことになっているわけであった(T90Aが『髻』ならコンデンサーは『元結い』か)。

で、数日来この状態でいろいろと聴き続けてるんだけど、そうするといろいろとわかってくることもある。

0.47μFのコンデンサーを直列にひとつ付けてるということは相当高い周波数(もちろん可聴帯域より上)で-6dB/octのハイパスフィルターとして働いてるということなんでしょうが、その超高域からマイナス6デシベルの緩いスロープで減衰していくとT90Aの高能率も手伝って可聴帯域の音もかなりのレベルで出てることが耳を近づけるとわかる。

最初ウハウハ喜んでただけだったのが、このへんをもう少しコントロールしてみたらまた相当に印象が変わるんでないかと思うようになった。ようするにコンデンサーの容量を増やしたり減らしたりするとか、あるいはそれと並行して抵抗をカマせて能率を抑えるとか、いっそコイルも足して-12dB/octのフィルターにしてしまうとか。

いや、いまのままでもランサー単独よりもいい感じに鳴ってると思うんだけど、もっといい感じのポイントにちょっとやれば辿り着けるんじゃないかという気がどうしてもするわけだ。だからそのへんをチョロチョロと探ってみるのは悪くないんじゃあるまいか。

もしかすると泥沼化の様相。

でもね、きっとそれは楽しいドロヌマなのよ。








by god-zi-lla | 2018-06-12 12:04 | オーディオもねぇ… | Comments(2)
新しい(もっと古い)スピーカーが来てひと月たちましてね_d0027243_18561202.jpg






届いたその日に置いたその場所から1ミリも動かさず、毎日毎日アンプのスイッチを入れてレコード聴いたりNASに貯め込んだ音楽聴いたり、たまにはCDをかけてみたりしながらひと月ちょい。

そしてきのうアコリバのベースごと、おれとしたらかなり大胆に動かした。

写真におとついまで長年アコリバのベースが置かれてた跡が写ってる。床にワックスかけるときにスピーカーを動かしたくないもんだから毎度毎度そこだけ塗り残し、こういうふうに輪郭が残っちゃった。

この残った輪郭の位置よりほんの少し前へ出したあたりに最初はAE2Rを(もちろんあのクソ重たい鋳鉄製のスタンドに乗っけて)置いてたわけだ。前後の位置はそのまま左右5センチくらいの範囲で何回か微調整した覚えがあるけど、しかしまあ動かしたといったってそのくらいなもんだった。

それからAE2Rを売り払ったあと短期間同じ位置に4412Aを置いて聴き、そのあとStudio 2aがやってきてしばらくしたところで、たぶんベースごと5センチくらい後ろに下げた。以後そこが「定位置」になって5年、それが写真に写ってるかすかな輪郭のところだな。

で、このベースの奥行きが46センチだから、およそ50センチばかり後ろに下げて背後の壁ぎりぎりでこれ以上は下げられないというところまで一気に動かしてみた。さらに長年ずっとスピーカーを内振りにセットしてたのを正面に向けた。

よく覚えてないけどAE2Rを正面向けて置いたことはなかったんじゃないかしらん。なにしろAE2Rは近ごろ震度6強の地震で倒壊の可能性が高いと評判の魔窟・ニュー新橋ビルにダイナミックオーディオがあったときに買ったんだから、かれこれ25年は遡るであろう前世紀後半のハナシである。

AE2Rを使ってたとき、後ろの壁とスピーカーの背面の距離は80センチくらいあったんじゃないかな。さらに、それ以前の横浜の住まいではそれが1メートル近かった。つまりまあ、長年そういう音を求めてそういう置き方をしてきたってことだ。

それがStudio 2aになって、これはちょっと違うなと少しだけ後ろの壁に近づけたのは、こいつが元来そういうスピーカーではないし、そういう音をこちとらが求めなくなってきたってことでもあったわけだ。

でL101ランサーが届いてひと月。やっぱりこの位置ではやっぱりだということがわかったから、まあこうすることになるだろうなあと最初に思ったところに動かしたんでした。まあ、いわゆるひとつの「歴史の必然」とでも申せばよろしいのでございましょうか(あくまで『自分史』上ですけど)。

そしてまだ半日だが、おれの居る場所はこっちだろうなとランサーは言っている。

しかし不思議なもんで、長い間内振りにしたスピーカーを睨み続けてきたもんだから真っ正面を向いてるハズの左右のランサーが僅かにそっぽを向いてるように見えちゃうんだよな。何度も何度も確かめたんだが、目の錯覚なのよ。

まあでも数日すればこの正面向きにも慣れちゃうんだろう。それからこの音にもだんだん慣れてくる。ややハイ上がりのバランスだったのが大分落ち着いたので、そのうちこのバランスに慣れてくればまた違う印象を持つようになるかもしれない。そしたらもう少し低いほうがバランス的に出たほうがいいのか、このへんでいいのか。もしかするとそういうこととは関係なく、日々音楽を聴いてウーファーを動かしてるうちになんらかの変化が生じてくるのかもしれない(エッジを貼り替えたばかりらしいし)。

どっちにしても急ぐ旅じゃないからな。こうなったらこうするか、この場合はああするか、みたいなのはオーディオマニアですからいろいろ思わないでもないんだ。でもまあ、これでいいんじゃないのということになったら、もうそれでいいんじゃないのってことにしたい。

でも好奇心としては例えばパワーアンプを別室のQUAD 405にしたらどーか、とか、マルチのリアに使ってるエレキットのKT88シングルだとどんな音になるか、なんてのは元手いらずだからそのうちやってみたい。

それから、スーパートゥイーターを乗っけてみるとどんなもんだろうかなんて、どうしてもアタマから追い払うことのできない邪念以外のナニモノでもないね。

でもまあ、これでいいんじゃないのという音になったら、もうそれでいいんじゃないのってことにしたい。

出来れば、のハナシですけど。






タグ:
by god-zi-lla | 2018-06-05 11:29 | オーディオもねぇ… | Comments(0)

新しい(もっと古い)スピーカー来ました_d0027243_12303429.jpg



マレーネ・ディートリヒはこのスピーカーで聴きました。

まあ、こうなるにはいろいろイキサツもあるんだがJBL L101ランサー国産箱なのであった。ちなみにRogers Studio 2aはわが家で6年ちかく妙なる調べを奏で続けたあとランサー購入の資金の一部となって、いまはすでに新しい未知のお宅に運ばれたようである。

いや、いつかJBLに戻るつもりだったんだよ。それがなんであるかは決めてなかったけどね。現役のスピーカーなのか古いヤツなのか、それも決めてなくてとにかく死ぬまでのいつかJBLにおれは戻るであろうと半分くらいは決めてたのね。

それが今年の今月ということはあんまり考えてなかった、つか、思いもしませんでした。

さすがにこのトシになるまでステレオ装置で音楽を聴き続けてれば、自分の音の好みがどの辺にあるのかわかってくるというもんである。なにしろ44年ですから。初めてメーカー製のスピーカーシステムを買ってからでも37年くらい経っている。そろそろ自分にとって何が大事で、何がどうでもいいかくらいは判ってこないと人生終わっちまうじゃんか。

もうずいぶん前のことになっちゃったけど(2005年だったか)、インターナショナル・オーディオショーのオルトフォンのブースで今は自分でケーブルの会社をやっている当時の社長さんがJBLの15インチウーファーに、たしか375にホーンの付いた中域と、それから075がそこに乗っかったシステムでブルーノートのオリジナル盤を爆音でかけてたことがあったんだよ。

おれはまあブルーノートのオリジナル盤にはそれほどココロ動くほうじゃないんだが、このオールドJBLのスピーカーにはちょっとばかりじゃなくぶっ飛んじゃった。

あのときあそこで社長さんが自分勝手に鳴らしてた音を、たとえばの話だけど100人のオーディオマニアに聞かせたとして、良い音だと思う人が49人を超えることはないんじゃないかっていう音だった(げんに、あれはヒドい音だったねとおれに言った人もいた)。

あれがキッカケだったな。あの爆音で耳からウロコが落ちた。

おれはその後AGIの511つう古いプリアンプとQUAD 405つうもっと古いパワーアンプを買い込んだ。そしたらゴールドムンドの√SRアンプよりずっと気持ちいい音がしたもんだから、きれいさっぱり売り払った。

それからウーファーのエッジ張り替えるほど使い続けたアコースティックエナジーのAE2Rをどけて、息子の部屋で朽ちかけてたJBL4412を引っぱり出して再び使い始めた。

そしてその後AE2Rも売っ払った。それがたしか2010年だったと思う。

以上じつは全部あの日聴いたJBLのせいなのだった。

ぶっちゃけ申し上げれば、おれにとって現代ハイエンドオーディオ系の装置は猫に小判、ハイエンド系の音がしても馬の耳に念仏ということだったんだな。

スピーカーの向こうの壁が突如消え去って、そこに見えるように広がるオーケストラとかさ。カテドラルに鳴り渡るパイプオルガンの、その建物の高さまでありありとわかる空間表現とかさ。

いや、ああいうのを聴かせてもらえばすげーなーと思うんだ。それは間違いない。現代のオーディオ技術というのはたいしたもんだと素直に感動する。だからそういう音を自分ちでも聴いてみたいと思ってたわけだ。

だけどそれはガキのころ、親父がどっかで買ってきたディズニーの覗き眼鏡のオモチャでピーターパンやドナルドダックの立体写真を見たときの感動と、おれのなかでは同じもんであるってことに突然気がついた。

まさにその、社長さんのJBLの音によってだ。

このへんの事情についてはまた後日続けますけど、そういうわけでわりかし小さめのバスレフ箱に14インチのLE14AウーファーとLE175DLHツイーター(と呼んでいいのかな)が取り付けられた1960年代に設計された古いスピーカーを、とりあえずStudio 2aの置いてあったアコリバのオーディオベースの上にそのまま置いてみたんでした。

いわゆるひとつの、ポン置きってやつ。

なにもしないで、そのまんま音を出してそろそろ20日くらい経つかな。

Studio 2aよりもずいぶん背が低くて小柄で、意外なくらい自己の存在を主張しないヤツである。音さえ出さなきゃじつに慎ましやかで、あっという間におれんちの居間の風景に溶け込んじゃった。これにはウチの奥さんも、ちょっとクラシックなカタチねなんつって思わずウフフである。

この姿カタチを半世紀以上前に考案したJBLのデザイナーの意図も、きっと「オーディオマニアの奥さんがウフフ」というようなところにひとつはあったんではないかという気がしますね。

だから、できればこの「ポン置き」のままにしたいもんだと今は思ってるんです。

なにしろStudio 2aはあの図体をさらにタオックのゴツい鋳鉄ベースのうえに乗っけてたこともあって威風堂々、なんだかすごい存在感だった。

だから、できればああいうふうな使い方をせずにすめばうれしいなあと思いながら、あれやこれや聴き馴染んだレコードを取っ替えひっかえしつつも、ああしようこうしようなんて極力考えないようにボンヤリ聴き流す今日このごろなのであった。

それでもスピーカーが徐々に部屋の空気とおれに慣れてくるのと同様に、おれのほうもだんだんとコイツの出す音に慣れてきてるのは間違いないね。




(待て次号)

新しい(もっと古い)スピーカー来ました_d0027243_14260864.jpg

タグ:
by god-zi-lla | 2018-05-19 11:15 | オーディオもねぇ… | Comments(4)