神はどーだっていいとこに宿る


by god-zi-lla

タグ:Neville Brothers ( 7 ) タグの人気記事

さようならチャールズ・ネヴィル_d0027243_14380684.jpg



以前から癌で闘病中という情報は知ってたんだけど、亡くなったというのを今月のレコードコレクターズ誌の訃報欄見るまで知らなかった。2018年4月26日死去。1939年12月28日生まれというから78歳か。

「実物」を二度見た。一度はネヴィル・ブラザーズで来日した東京ドームシティホールで2008年の10月、二度めは2012年5月ビルボードライブ東京、弟エアロンのソロツアーのバックバンドに加わって(つか実質バンマスか)。

ネヴィル・ブラザーズのライヴでは〈ベサメムーチョ〉をくねくねとやってくれましたけどゴリゴリ吹きまくるという感じのサックスじゃなかったね。いかにもニューオーリンズのライヴバンドというサービス精神満点な雰囲気だけど出過ぎず引っ込み過ぎず、バンドのサウンドの枠組みは長兄アートが作って次兄チャールズはあくまでその現場推進係という感じでもあったんだろうか。

そういうふうにチャールズのいた二つのライヴを思い返してみると、ネヴィル四兄弟にとって音楽っつうのは何よりもまず「家業」で「稼業」という感じのプロっぽさで出来上がってたような気がする。最高の演奏で客を楽しませて盛り上げるが本人たちはいたって冷静で、いくつも残しているライヴアルバムとライヴの「現場」にほとんど印象の違いがない。

ある意味、ビシっと様式化されててサプライズなんてものはどこにもないけど、そんなものなくても完璧なライヴが出来るという途轍もない自信みたいのがすごかった。あれはやっぱり生まれたときからニューオーリンズという特別な土地で一緒に育ったものにしかできない「兄弟の芸」というもんじゃあるまいか。

ネヴィル・ブラザーズ自体はもう何年も前に解散を宣言していたが、チャールズの死で永遠にあのライヴは見られないことが確定したわけだ。2014年にミーターズのリユニオンバンドで来日した長兄アートの様子を見て、全員揃って再度の来日というのはもうないだろうと予想はしてたけども(あのときはアートのほうが危ないと思ってた)、それでもやっぱり残念でならない。

ネヴィル兄弟それぞれの音楽というのはネヴィル・ブラザーズのときのサウンドとはみんな違っていて、そこがまた「家業」を思わせるところなんだが、上の写真のチャールズのアルバムも同様でニューオーリンズ風味はそこかしこに溢れてはいるけども、全体としてもっと穏やかでリリカルな雰囲気に仕上がっている。

三男エアロンはいまやスターシンガーだから数え切れないくらいのソロアルバムがあるけど、チャールズはこれ以外にリーダーアルバムがあるのかどうか、おれはよく知らない。もしかしたら、アルバムを作るということにあまり意欲のなかった人だったのかもしれない。

そういえばエアロンはスターだけどもブラザーズのステージでヴォーカルを独り占めしてたわけじゃなかった。末弟シリルが歌いアートも歌いチャールズも歌い、そういうヴァラエティのなかでのエアロンのあの声だった。

このチャールズのアルバムもチャールズが吹きまくるわけでもなく、やりたかったのはニューオーリンズっぽさに凝り固まらない柔軟なバンドサウンドづくりだったのかもしれない。ブラザーズでやってることはそこでやればもう十分だったんだろうな。

しかしまあ、聴くほうとしたらチャールズ自身のアルバムのなかでも〈ベサメムーチョ〉みたいなクネクネとエロいやつも披露しといて欲しかったなあなんて、今となっちゃ詮無いことを思わないでもないんだけどね。


さようならチャールズ・ネヴィル。
じゅうぶん楽しませてもらいました。





さようならチャールズ・ネヴィル_d0027243_15372598.jpg
左から。エアロン、アート、故・チャールズ、シリル。


by god-zi-lla | 2018-06-21 15:44 | 常用レコード絵日記 | Comments(0)
イカついエアロンのかわゆいロネッツ(Aaron Neville/MY TRUE STORY)_d0027243_841974.jpg
かんじんの娘は家に寄りつかないひいなのまつりであった。

でエアロン・ネヴィルの新しいアルバムすね。

去年5月六本木のビルボードライブで見たエアロンはいつものマッチョなジーンズにぶっとい腕と首でもって、兄貴のチャールズ・ネヴィルを含むバンドでニューオーリンズ風味むんむんのステージだったんだが、このジャケット写真ではピンストライプの上着に白いシャツと帽子なんてスタイリッシュというよりどっちかっつうとギャングみたいな格好で写ってる。

しかしちょっと照れてるようにみえるのは気のせいですかね。
てへへへ、みたいな。

ところでこんかいのアルバムはレーベルがブルーノートに変わり、エアロンが若いころから好きだったドゥーワップの名曲を歌いまくりそこにキース・リチャーズが加わるという趣向なのだった。

それがね。買ってみますとドゥーワップアルバムといいながら1曲、あのビー・マイ・ベイビーを歌ってるんです。ロネッツの、つかフィル・スペクターのあの大ヒットソングのビー・マイ・ベイビーね。それをなんとまあイカツいエアロン・ネヴィル72歳がかわいく歌ってんですけど、これがもうなんともいえずいいんだよねえ。

だけどこの曲はふつうドゥーワップとはいわないよな。いわゆるひとつのオールディーズって括っちゃえばべつにかまわないんでしょうけど、ドゥーワップつうより60年代のアイドルポップ。だけどそれをエアロン・ネヴィルが歌うとこがいいの。

はっきりいってエアロン・ネヴィルがドゥーワップアルバム作ったっていわれてもぜんぜん意外な感じはしない。世代的にもそうだけどなによりあの甘いファルセットヴォイスだもん。いままでなかったのが不思議なくらいなもんでね。だからアルバムとしたらとくに驚くような内容じゃないとは思うんだ。

だからよけいにビー・マイ・ベイビーがきらきらしちゃってるっていうかさ。

考えてみりゃエアロン・ネヴィルとロネッツって同世代だもんな。だからどーしたって言われても困るんだけど、とにかくまあこの1曲だけでもおれ的には「買い」です。だけどワガママいえば、あとちょっとニューオーリンズっぽさがあってもよかったよなあ。

はなはだ簡単ではございますが、ニューアルバムご紹介コーナーでした(笑)




この人たちもいまや70代。
*尻切れトンボなのが残念なり
by god-zi-lla | 2013-03-04 08:26 | 常用レコード絵日記 | Comments(0)
さいきん癒されてますアーロン・ネヴィルにアシャに細野晴臣に中村まりに_d0027243_11263247.jpg
どうもおれらしくないっつうか、だらだらと牛のヨダレのよーなブログを目指してるにもかかわらずここんとこのこの中途半端なマジメさというものよ。

いやそのマジメはマジメでも中途ハンパなとこがおれらしいのかな。
中途ハンパ大好きなんです。モノゴト突き詰めたり、道を究めたり、そういうのをすごいなあ立派だなあって尊敬する気持ちは人後に落ちないわけですけど、自分でそういうことするのはヤなの。向いてないのね。よーするに根性というものが、からっきし、ない。

このまえどっかにでちょっとふれた最近聴いて癒されてる新しいCDが右から2番目の細野晴臣のHOSONOVAと左から2番目のアシャのBEAUTIFUL IMPERFECTIONすけど、それに加えていちばん左がエアロン・ネヴィルひさびさの新作I Know I've Been Changed。

エアロン・ネヴィルのアルバムはハリケーン・カトリーナ以降初めてなんだそうだけど、これから日本じゃ東日本大震災以降初とかそういう時代の区切り方が今後なん10年かの間ふつうになってくるんだろうな。

それはともかくとして、こいつはゴスペルとかニグロ・スピリチュアル系のトラディショナルな歌をアーロンが歌っててしかもピアノにアラン・トゥーサンです。ニューオーリンズの神様級2人。

エアロン・ネヴィルのファルセットヴォイスって好き嫌いあると思うけど、おれは好きです。いや最初20年くらいまえに初めて聴いたときは好きになれなかったんだけども、だんだん好きになってきた。やっぱ個性的つうかこの人だけの世界だからさ。ネヴィルブラザーズでもエアロンがリードヴォーカル専任てわけでもないのは、それがあるからだと思う。

しかしこれもジョー・ヘンリーのプロデュースなんだな。
ここんとこ、あーこれはいいよなあと思うとジョー・ヘンリーかTボーン・バーネットがプロデューサーってアルバム多くてさ。べつにぜんぜんかまわないんだけど、いいアルバム連発してくれでホントありがたいとは思うんだけど。

それでもなんとなくハナについたりして、
またかよってね。一瞬思ったりするわけです。
いやまったくなんの意味もないんだけどね。

いちばん右は中村まり、Beneath the Buttermilk Sky。これは新作というわけじゃなくて2009年リリースですが、れいによってバラカン・モーニングにいつだったか本人ゲストで出て歌ってるのを聴いていいなあと思って買って最近よく聴いてるカントリー。こういうふうにカントリーを歌ってる日本人シンガーなんているんだなあと感心します。

いやそれがね。
HOSONOVAには細野さんが自分で書いてる曲目ごとの短いコメントがついていて、これがまたなかなか読ませるんだ。こういうのミュージシャン本人に書かれちゃうと音楽ライターも困っちゃうんだろうなあ。ミュージシャン本人しか知らない感じえないことが書いてあって、なおかつそれが味わい深いんだもんな。

いやそれでその細野さんのアルバムに収録されてるDesert Bluesというジミー・ロジャーズの曲のコメントに「ぼくは変声期に声を涸らし、Jimmy Rodgersのお家芸であるヨーデルができないのが悔しい。そこで中村まりさんにヨーデルの補強をお願いした。彼女は日本では唯一、カントリー・ブルースを追求している若き女性シンガーソングライターである。」とあった。

うん、補強ね。
たしかに補強という感じではあるんだな。

なんか面白い。

でも中村まりさんはいいですよ。
素敵だ。
by god-zi-lla | 2011-05-08 11:26 | 常用レコード絵日記 | Comments(4)
GOIN\' HOME / A TRIBUTE TO FATS DOMINO_d0027243_815286.jpg
ACのCMで、必要のない買い物はやめようって言ってるけど、必要のない買い物をこれからずっとやめていけば必要のない売り物を生産する必要もなくなって、そうすると間違いなく経済の大きさは小さくなって少し貧しくなるんだろうけど、もしかすると原発もいらなくなるかもしれない。

豊かだけど危険なのと、貧しくても安全なのと、どっちがいい?
おれは貧しくても安全なほうがいい。

とくに子供が安全なヨノナカ希望。

もし真夏も計画停電があってエアコンがあちこちで止まるようなことになると、そりゃあ猛烈に暑いだろうと思う。

けどもあの室外機からほとんど24時間ごうごうと吹き出され続ける熱風が減れば、もしかして夏の東京の屋外って少し涼しくなるってことはないんだろうか。エアコン切って窓を開ける壮大な社会実験になるかもしれない。

しかし大気中に放射性物質が飛び交ってなけりゃ、の話だけど。

東京でもまだ日に1回か2回は余震があって、どうも二六時中身体が揺れてるような感じが抜けない。

だからあれ以来レコードを聴いてないんです。
ようやく音楽を聴く気分だけは取り戻したんだけどレコードはまだ恐くてターンテーブルの上に載せられない。地震で装置がワヤクチャになっちゃった人たちには申し訳ないような言いぐさですけど、盤に針を落としたあとで地震が来たらどうなるんだろうと思うと、載せられない。

せんだっても大西順子のいちばん新しいCDを聴いてたんだけども、聴いたひとならわかるようにあのアルバムはかなりミンガス的で、でもおれはどうもあれを聴いてると「的」なものより聴くなら「そのもの」だろうって猛然とミンガスが聴きたくなるんだけども、ミンガスはレコードばかりでCD持ってない。だから困ったなあ、なんてこともあったりして余計なストレスが増えたりする。

このファッツ・ドミノのトリビュートアルバムってのはずいぶんまえに出たものなんだけど買おうか買うまいかと迷ってるうちに3年くらいたってしまいました。それをいまになって買ってきたのはラジオでこのアルバムにオル・ダラの演奏が収録されてることを知ったからなんでした。

んーむ。気がついてりゃ出たとき買ってたぜ。

買って聴いてみるとオル・ダラに限らずこのトリビュートアルバムは楽しめますね。
ノーラ・ジョーンズとかB.B.キングとかエルトン・ジョンとかポール・マッカートニーとかウィリー・ネルソンとかロバート・プラントとかニール・ヤングとかのビッグネームがキラ星のごとく並んでるわけですけど、そこをドクター・ジョンとかアラン・トゥーサンとかアート・ネヴィルとかトロンボーン・ショーティーとかジョン・クリアリーとかダーティー・ダズン・ブラス・バンドとかね。やっぱファッツ・ドミノのトリビュートですから当然そういうニューオーリンズ勢が脇を固めてるというか。

でもさ。そういうゴーカなスター陣に混ざったオル・ダラの音楽ってのがね、なんつうか高級住宅地に突如出現した掘っ立て小屋つうかさ。なんかそんな雰囲気でね。あのウマいんだかヘタなんだかわかんないヴォーカル(たぶんヘタなんだと思う。味はあるけど)にアボリジナル・トランペットってよくわかんない楽器を吹いて、いつもながらのユルいバンド。そこにニューオーリンズのドナルド・ハリソン(as)が加わってソロ取るんだけど、これもなんかユルくてさ。

でもそのユルさのなかに、ほんのごくわずか不穏なものを感じさせるような、
なんかすごく目立つ掘っ立て小屋。

んーむ。おれはこの掘っ立て小屋がいいよなあ。

とにかくね、サイドメンとして入ったアルバムは探せば無数にあるんだけど、オル・ダラがリーダーのアルバムはたった2枚しかなくて、この先もう出ないんじゃないかと思うことすらある状況だとこのコンピレに入ってるトラックはけっこう貴重なんじゃないかと思うんです。
by god-zi-lla | 2011-03-26 08:01 | 常用レコード絵日記 | Comments(0)
ネヴィル兄弟500円棚から救出せり(Neville Brothers / TELL IT LIKE IT IS - LIVE IN THE TWENTY CENTURY)_d0027243_11361211.jpg
いやーしかし、きょうは寝ないで頑張るのかチョー早起きして頑張るのかひじょうにビミョーな時間帯ですから、これはもう各人各様の頑張りかたってことでお願いしますって、さっきも町内を回覧板が回ってましたけどね。

あたしゃ、どっちかっつーと早起きするほうがいいかな。

ブックオフはあれ以来なんだかんだ前を通ると必ず覗いてたりして、覗くとそこはやっぱり手ブラで店を出づらい気弱な性分だもんですから1枚2枚と、そのたんびになんかかんか買い求めてたりするわけなんだけど、まあなかなかそこはあれですね。そうそう調子よく掘り出しモノがあるってわけにはいかないです実際問題。

で、これなんかは掘り出しモノかどーか難しいところではありますけども、おれ的にはちょっと、いやかなりウレシイ五百円。ワンコインで買えるシアワセってやつなんでした。

ネヴィルブラザーズのこれはなかなかにアヤシイ実況録音盤で。
あ、ライヴ盤だっつうのは買って帰ってきて中のクレジット見て初めてわかったの。買うときは「ぜんぜん見たこともないCDだけど500円だからまーいっか」って、こういうときは「買う」ほうに賭けたほうが、500円程度で人生積極果敢になれるんだったら断然そのほうがよろしいと長年レコードだらCDだら買い続けてきた「勘」てやつがアタマんなかでぐるぐるするんです。

よくわかんないライヴ盤で、これしかもMade in Itaryって印刷してあるんだけどさ。
タイトルは三男坊(っても、もう来年は喜寿?)エアロン・ネヴィルの初期のヒットナンバーにしてネヴィルズの重要レパートリーですけど、このタイトルでいったい何種類レコードCD出てんだか、紛らわしくてしかたないね。

クサいね。非常に匂いますね。
わざとありきたりのタイトルで紛らわしくしてたりしてさ。

念のため同じ盤が流通してないかHMVとかamazon.comのサイトで見てみたんだけど、該当者ナシな感じ。もちろんamazon.comなんてネヴィルブラザーズで検索するとすげー数のヒットがあるんで完全に1枚1枚確かめてったわけじゃないですけど、たぶんないと思う。

しかも、これだもん。
いつのライヴなのか書いてないかと思ったら「LIVE IN THE TWENTY CENTURY」って、あなたそれはないでしょ。その、いつだか特定させない態度。しかもイタリアもんですぜお客さん。

いやまあいいんです、そんなこたどーだって。

「Yellow Moon」をやってるので、あの名盤が出たのが89年ですからそれ以降。ホントだかどーだか知りませんけどCDにはマルにPで10/1991となってますから、そのころの発売だとすると90年前後のライヴだろうね。

いやしかしこれはじつに楽しい。後楽園のJCBホールだかJTBホールだか忘れたけど、のときのライヴの楽しさがマザマザと思い出されてもう涙ウルウルしそうなくらい。

んー。しかしでもあれかもしんない。
ライヴ見て知ってるからこのCDすっごく楽しめるのかもな。やってる曲やなんかは違ってるのもありますけど、途中ダーティダズン・ブラスバンドと思しき連中がゲストにいたりっつう違いはもちろんあるんだけど、次兄チャールズが中心にステージ進行して要所要所でエアロンのファルセットで客シビレさすっつう、そのへんはもう不変。

最強のライヴバンドっていう評判が本当にそうだよなあって納得させられちゃう凄いステージだと思うんだけど、でもそいつをCDにしちゃうとたぶんライヴ知らないで聴く人にとっちゃ途中ダラダラしてたり大雑把にきこえたりもするんだろうなあなんてね。ちょっと思ったんでした。

そういえばダニエル・ラノワがプロデュースした名作〈Yellow Moon〉を出すまでは、ライヴはすごいけどいいCDがないって長年言われてたんだそうですね。

なんか、それってわかるような気がする。

おれも多分ライヴ知らないでこのCDブックオフで見つけてたら、「まーしょせん500円は500円だな」くらいのとこだったかもしんない。

いやーいい買い物したわ。
ライヴはやっぱ行かなきゃな。
行くとレコードCDの楽しみも広がるってもんです。

ん? そんなこと言うつもりだったのか、おれ。
by god-zi-lla | 2010-06-24 11:36 | 常用レコード絵日記 | Comments(0)
いやーよかったよかった。あ、これも歌ったじゃん(THE NEVILLE BROTHERS)_d0027243_1112373.jpg
↑資料映像(^_^;)

いやーよかったよかった。あ、これも歌ったじゃん(THE NEVILLE BROTHERS)_d0027243_1113589.jpgライブの写真ないのでDVDの画面。ボニー・レイット、グレッグ・オールマン、ハービー・ハンコックまで写ってますけど、まさかこんなメンツで来るわきゃないだろ。来たらすごいけどさ。

右写真左から三男アーロン、長男アート、次男チャールズ、四男シリル。ばっちのシリルが還暦で長男アートは喜寿を過ぎてんだそうですけど、いやーめったくそ楽しいライブでございました。最高。

それでさ。きのうのエントリーに書いた渋谷で買ったばっかのレコードのタイトルチューン「テル・イット・ライク・イット・イズ」をアーロンが歌ってたのよ。知らなかったんだけどこの曲ってアーロンの最初の全米ヒットなんだってね。コアなファンは先刻ご承知のことなんでしょうけども〈Yellow Moon〉で初めてネヴィルブラザーズを知ったおれにはわかりませんでした。

でも若いころの歌い方よりもきのうのライブのほうがやっぱグッときたね。そりゃそうだろうけどやっぱりね。ああいう味わいはトシとらないとね。

アンコールまでMCほとんどなしのノンストップ1時間40分。さすが「史上最強のライブバンド」と称えられただけのことはあるステージだったなあ。サービス満点。チャールズのエロテナーのベサメムーチョまであるしさ。ああいうの好きじゃない人もいるかもしんないけど、サム・テイラー好きなおれにはうれしいよ。

アンコールにアーロンがソロで歌ったアメイジング・グレイスにも痺れました。
もう1回くらいは来日してくんないかなあ。けどアートのあの歩くのがやっとっつう感じ見てるとムリかもなあ。

そういえば冒頭写真のDVDのタイトルも〈TELL IT LIKE IT IS〉でした。ぜーんぜん気がついてませんでした。あははは。ばかだねえ。

JCBホールってのは東京ドームホテルのとなりにできたんだな。アリーナと椅子席に分かれてる中くらいのホールで、きのうはアリーナに椅子並べて指定席になってたんだけどさ。客の年齢層考えたら仕方ないとは思いますがスタンディングのほうが楽しかったなきっと。
by god-zi-lla | 2008-10-30 17:40 | 物見遊山十把一絡げ | Comments(2)
いいなあ、こういう偶然(Aaron Neville / TELL IT LIKE IT IS)_d0027243_1645851.jpg
きのう渋谷で久しぶりにエサ箱漁ってたらアーロン・ネヴィルの若いころの盤を見つけた。
うーん、いったいいくつくらいのときのアルバムなんだろうなあ。もしかしてこれがアルバムデビューくらいのものかな。これってニューオーリンズのローカルレーベルなんですかね。よくわかんないんだけどさ。


いいなあ、こういう偶然(Aaron Neville / TELL IT LIKE IT IS)_d0027243_16493831.jpgいやーでもうれしいよ。
たんなる偶然とはいえ、うれしい。
とくに意味があるわけじゃないけど、うれしい。

なんでって、きょうこれからネヴィルブラザーズのライブ行くんだもんね。後楽園のJCBホールで今夜7時。そろそろ支度して出かけなきゃ。






内容はねえ。まあ、まだ個性発揮ってとこまでいかないのね。あのファルセットもコブシの回し方も控えめ。曲も平凡で古めかしいソフトなソウルって感じでしょうかね。あんましニューオーリンズぽくないしさ。

とにかくこれから、もう全員還暦を過ぎたっていうネヴィルブラザーズのライヴに初めて行ってまいります。しかしMEET PORT JCBホールってなんだ?
by god-zi-lla | 2008-10-29 17:00 | 常用レコード絵日記 | Comments(0)